毎日の献立

娘や孫たちが滞在していると、一番困るのが毎日の献立です。

老夫婦二人だと、その日食べたくなるもので献立を考えるのだけれども、
3世代の好みを揃えるのは大変です。

また、孫世代は肉類を好みますし、娘たちもどちらかというと同じですが、
親である私達夫婦は、毎日が肉類ではうんざりします。

それで、後悔しているのですが娘たちの結婚前、あまり料理を教えることがなかったので、
伝えたい料理を作ろうと思い当たりました。


c0006745_06124260.jpg
一番は、私も苦手な海苔巻です。
娘が小さかった頃、運動会というと姑が海苔巻を作って持って来てくれました。
同居してからも度々作ってくれるので、私は作る機会がないままでした。

それで、最近練習と思って、よく孫たちが好む納豆巻きなどと一緒に作るようになりました。

c0006745_06125435.jpg

まだまだ真ん中に実が揃いませんが~だいぶ進化して、ご飯が爆発しないようになりました。(笑)
中身は干ぴょう、干ししいたけ、卵焼き、キュウリ、紅しょうがは少しだけ。



c0006745_06130680.jpg

それとこの頃よく登場するのが、私の母のおふくろの味。
夏採れたトマトとジャガイモ、ニンジン、玉葱のコンソメ味のスープです。
母は、豚肉で作っていましたが、私は鶏肉をフライパンで焼いてから一緒に煮ます。

5歳児が小さい時、我が家に来るとあまり食べなくて、献立に悩んだこともありましたが、
今では肉料理があると何杯もご飯をおかわりするようになったので、幼児のうちの偏食は
あまり悩まない方が良い事を学びました。

今あまり食べない3歳児を持つ長女は、それを見て安心していたようでした。

娘たちが集まると、狭い我が家が戦場のような有様になりますが、これも一時と言い聞かせながら
伝えたい献立を考える日々です。



[PR]

by miqu_7cd | 2017-02-25 06:46 | 食べること