草木染

冷凍庫から、2年前の茹でて冷凍保存してあったヨモギを発見して捨てようと思ったが、
ふと、これで布を染めてみようかな?と思いついた。

玉葱の皮も保存していた段ボールの底に溜まっている。

よし、媒染の焼きミョウバンを買ってきて草木染をしてみよう。

と焼きミョウバンは買って来たはいいけれど、染の方はなかなか実行出来ない
でいたが、一昨日急に思い立って染めてみた。


c0006745_05585425.jpg


やはりヨモギは、古いからほとんど色は出なかったけれど、玉葱で染めたのは
きれいな黄色に染まった。(写真より、かなり明るい黄色です)

c0006745_05582674.jpg


元の色は、生成りのシーチングで、よく染まるように水洗いする。

c0006745_05584447.jpg

こちらがヨモギを煮詰めて作ったもの、写真では少しオレンジっぽくなってるけれど、
殆ど色は出なかった。


c0006745_05583669.jpg

こちらが玉葱で、かなり濃い色が出て、媒染の焼きミョウバンの液に浸けたら、
とてもきれいな明るい黄色になった。

以前、媒染の知識もなく、昔母が毛糸を染めた時、色止めに酢を使っていたように
記憶していたので、酢を入れた時は、上のように薄いオレンジ色になった。

媒染は色々あって、焼きミョウバンの他に銅媒染や鉄媒染などがあって、媒染剤に
よって色の違いが出るそうだが、まだそこまで試していない。

アイヌ刺繍をしていると、着物の古布や自分で染めた布を使いたくなってくる。

今度は、なんで染めてみようかな?104.png





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-27 06:25 | 好きなこと