サッマイモの蒸しパンとアップルケーキを作る!

急に長女と孫が来るというので、サツマイモが半分残っていたのが気になっていたので、
お昼に蒸しパンを作ってみょうと思いつきました。


c0006745_04035771.jpg




c0006745_04040778.jpg


それと、アップルケーキを焼こうと買ってあった酸味のあるリンゴもあるから
アップルケーキも焼こう169.pngと~昨日の半日は台所でごそごそしていました。


173.png174.png175.png176.png178.png179.png169.png170.png174.png

休日宣言をしたけれど…やっぱりブログで書かないとムズムズしてきましたので、再開します。
いろいろ励ましのコメントや体験のお話など有難うございました。<m(__)m>

会ったこともないのに、暖かな言葉をかけて頂いて、嬉しくて何度も読み返しました。
コメントのお返事、それぞれしませんが、それぞれ受け止めて感謝しております。

普通だった姑が年を取り、だんだん崩れていく様にショックを受けているのと、少し違うので
上手く表現が出来ないもどかしさがありました。

ありのまま、私の気持ちを綴ると愚痴と言うより、悪口になってしまうので控えたいという
気持ちの方が強くて~そんな状態で悶々としていました。

本州に住む義妹(夫の妹)は、毎年1年に1回ほど来ているのですが、一人娘ゆえか姑がべったり
傍に縛り付けているような感じで、ほとんど私たちは会話が無いような間柄でした。

それが、今年のお盆に来たとき、初めて姑の事を話し合いました。
義妹の「二人の悪口ばかり言ってる」ことから、初めて私側の気持ちをぶつけました。

義妹は、娘時代は母親の言うことを鵜呑みにしていたが~自分も結婚して親になると、
母親の言う事の方がおかしいと思うようになったこと、言い出したら聞く耳を持たない
頑固さがあって、そうなると手におえない人だと言います。

そして、言いなりになるより仕方ないと思って接していると言いますが~帰って行く人だと
それでいいけれど、それでは私たちが参ってしまい、暮らしが立ち行かなくなるのは必然。

「母は、悲劇の主人公になるのが好きなのよね~」そして、「施設に入れてもいいと思う~」
と言いますが・・・・私も別に暮らしていれば~いいなりも出来ないこともないけれど~

ディーサービスさえ嫌がるのに施設になんか入れられるわけもないと、苦笑するばかり
でした。

今、自分の食事は自分で食べたいものを作り、トイレ掃除と洗濯は自分でしています。
週1回~2度タクシーで大型スーパーに行って、買い物をして届けて貰っています。

でも、時々ご近所さんに「まだ一人で買い物に行っているの?」と聞かれるんだ~と
言いますが、それを止めるとボケるだろうなぁ~と予測されます。

時々、私たちに内緒で街に買い物に行ったり宝くじを買いに行ったりしてるようですが、
ご近所さんにはそんな素振りも見せて無いようです。(叔母が同行しているのでわかる)

私の足で歩いて5分くらいの場所にある整骨院には、足のマッサージに歩いて行っています。
そうして外との接触をして、ボケない、歩けなくならないようにと考えているようです。

それは、それで姑の気持ちは有難いし、偉いと思うのですが~私の在り方がそうさせたの
かもしれません。

一緒に住んでいると、毎日毎日いい顔が出来ませんし、同居してからの棘のある言葉を
聞き流しながら、いろいろな我慢をしてきたのに、全部私たちに騙されたと言われます。

みんな優しいのに~ご近所さんや訪問医療のお医者さん、お店の店員さん、親戚のお嫁
さん~あんたは怒るばかりだと言われるけれど、本当に困っているとき助けてるのは
私なんだけどな~と心の中で毒づいてしまう私。

叔母(舅の弟の奥さん)に助けられ、愚痴を聞いてもらい、何とか姑と向き合おうとは思って
います。

姑94歳、時々用事があって下に行くと、美味しそうにお昼ご飯を食べていることがあります。
私達より量は多いです~だからいつまでも元気なんだろうな~と感心するばかりです。





[PR]

by miqu_7cd | 2017-12-04 05:39 | 老いをみつめて