カテゴリ:小さな喜び( 24 )

お昼のパンを焼く~

買って来たパンは飽きてきた~という夫、しばらくパンを焼いてないから~頑張って焼きました。


c0006745_05052667.jpg

味は良かったけれど、発酵時間が足りなかったのか~あんまり膨らみませんでした。
皮がカリカリ固く、なかは柔らかい。でも、一日経つと全体に固くなってしまう。

「捏ねないパン作り」の急いでモードでしたから膨らまなかったのかな~?と考えるが、
やっぱり何度も何度も作って、自分なりの経験が必要なのかな~?とも思う。

c0006745_05101067.jpg
c0006745_05101979.jpg
その日、9時前に粉を計り、生地を作る。

c0006745_05102792.jpg
c0006745_05103801.jpg
発酵させているところ。(1.5~2倍の大きさになるまで、一時間30分ぐらいおきました)


c0006745_05104931.jpg
c0006745_05105827.jpg
c0006745_05111367.jpg
ガス抜きをしてから、2等分にしてさらに手で押しながらガス抜き、その後棒状にして、
型に入れます。乾いた布巾をかぶせ、さらに1時間30分位置きました。


c0006745_05112481.jpg
溶き卵を表面に塗って、200度に予熱を入れて、25分焼きました。(12時25分頃焼きあがる)


「お昼に何を食べたい~?」と聞くと「何でもいい」と答える夫に、「これが食べたい!というもの
無いの?」と突っ込んでしまう私。

最近、「あれも、これも飽きたしなぁ~」と、こちらから提案したものにいちいち答える憎らしさ。

それで、お昼にパンを焼こうと前の日にレーズンを買って来ました。


最近、草むしりや野菜の手入れで気持ちが忙しくて、パンを焼こうなんて思いもしませんでした。

でも、朝から家事の合間にパン生地を作り、発酵を待つ間、パンが焼ける匂いが部屋に広がる
まで~何とも言えないしあわせな気持ちが沸き起こって来ました。

慌ただしく過ごすのではなくて、やっぱり手間をかけた丁寧な時間を持つことが、一番しあわせに
感じる時間なのかな~?パンを作りながら新たに認識した事でした。

シンプルでおいしい こねないパン

藤野幸子/ナツメ社

undefined




[PR]

by miqu_7cd | 2017-06-16 05:39 | 小さな喜び

今日も晴れ~

今週は、雨の予報だったのに次々予報が変わって、晴れた日が続いている。
こんな予報外れは、嬉しいもの。

今年は、ガラクタで一杯の庭を少しずつだが、片付けることが出来るようになった。
これも嬉しい。



c0006745_06185564.jpg
今庭に咲いているオキナグサ。



c0006745_06191427.jpg
これは、アヤメなのかカキツバタなのか?わからずにもらった花。
3年目でやっと定着したという感じの咲き方だ。



c0006745_06194062.jpg
この花の名前は、バイカイカリソウ。
あちこち移植したので、株が小さくなったせいか、今年は咲く花が少ない。



c0006745_06192805.jpg

去年、たくさん植えて、たくさん収穫できたイチゴの花。
花がいっぱいついているからイチゴもたくさん摘めるかな~?と気持ちも弾む。



c0006745_06195324.jpg
そして、4月末にスナップエンドウとえんどう豆、ツタンカーメンの種を蒔いたのが、
次々に芽を出してきたのを眺めているのも嬉しいもの。(スナップエンドウ)




c0006745_06200498.jpg


5月の初めに種を蒔いた葉野菜も蒔き方が悪いから所狭しと顔出して、元気いっぱいだ。
ラディシュ・サラダ蕪・春菊・葉大根・アントシアニンリッチからしなとみずな(紫色)・
イタリアンパセリ・コリアンダー等(写真は、春菊)

ここ2~3日、雨予報が外れて晴れるので、刺繍もしなきゃ~と思いながらも外に出る。
結局、少しの時間だけと思っていたのに、気がついたら夕食の支度をしなければとなる。

でも、四十肩?の痛みが薄らいできてるのに今朝気がついた。






[PR]

by miqu_7cd | 2017-05-26 06:38 | 小さな喜び

骨董市で~

この間、大通りに行った時、骨董市が開かれていたので覗いてみた。


c0006745_06583639.jpg
もう20年位前~になるか?夫と豊平神社で行われていた月1回の骨董市によく行った
ものだが~今ではすっかり足を洗っていた。

その頃買った骨董品?のお皿などは、そう良い物でないから~と言うより骨董品に
興味がなくなったので、2枚ほど残してあげてしまった。





c0006745_07043947.jpg


でも、あちこち見てるうちに、あるお店で15センチくらいのお皿が目に留まった。

c0006745_07050585.jpg

じ~っと手に持って眺めている私の姿が目に入ったのだろう。

「そのお皿、1枚1,000円だよ!」店主の女性が声をかけてきたので、思わず・・・・
「一枚でもいいの?」と聞いてしまった!

「ああ、1枚でも2枚でもいいよ!」と歯切れよく答えてくれるので、つい「これはいつごろのもの?」
と聞くと、「これは、そんなに古くはないよ。機械で作ったものだからね~」との返事。

「本物だったら…1枚1,000円では買えないよ。4~5千円はするよ」

何枚もあると飽きてしまうので1枚で良いので、1枚下さい。
と言うと、壊れたら困るからと丁重に包んでくれました。


c0006745_09492886.jpg

という訳で、1枚だけ買ってしまいました。
証拠写真(笑)~庭から収穫したアスパラを少し(一度にたくさん採れないので)茹でて載せて
みました。


この日、夫の友人から茹でた竹の子が届いていました。ヽ(^o^)丿

c0006745_09522603.jpg

畑の近くの林から「固くてうまくないかもしれない」と夫が採ってきたフキと一緒に炒め煮して
食べる。「旬のものは、美味しいね~」と言いながら。

骨董狂いにならないように~と言い聞かせながらか、この日は帰って来ましたが、
妙に浮き浮きしてしまいました。

ま、そんなに自由に使えるお小遣いあるわけでないので、大丈夫だと思うけれど、
また骨董市をのぞいてみたいなぁ~と好奇心の虫がうごめいてしまいます。






[PR]

by miqu_7cd | 2017-05-23 10:05 | 小さな喜び

ゼラニューム

1階の和室に放置気味だったゼラニューム、昨日水やりに行ったら、赤い花が咲いていました。

c0006745_06353339.jpg

ここ2~3日、冬に逆戻りしてしまってがっかりしていた気持ちが、パッと晴れました。
人間て、本当に勝手だね~と心の中でつぶやいてしまう。


c0006745_06355203.jpg

このゼラニューム、夏は次々と花を咲かすので大事にしているけれど、
冬は室内に入れないとならないので、秋にはつい迷惑に思っていた。

でも、こうして寒い冬にも次々花を咲かせてくれるのを見たら~
迷惑に思うなんて自分の身勝手さにあきれてしまう。


昨日、買い物に行くとき前庭を見たら、せっかく咲きだしたスノードロップが
どかんと降った雪の下になっていた。

まだしばらくは、冬模様。


さぁ~、今日はバスに乗って、少し遠いスーパーに行ってこようかな~?




[PR]

by miqu_7cd | 2017-03-25 07:06 | 小さな喜び

完成~パッチワークキルト

パッチワークキルトが出来上がったら、ちょっとイメージ通りではありませんでした。(-"-)
c0006745_14483635.jpg

去年の夏ころから作り始めたのですが、実日数は20日ぐらいかかりました。
私にしては、超早い出来上がりです。

やはり汚れたものを毎日目にするので拍車がかかります。
c0006745_14511049.jpg

キルトは、アイヌ刺繍で使う木綿のグリーン色の糸を使いました。

c0006745_14512207.jpg

ついでにこんなものも縫っていました。

図書館で借りた本に載ってたのを真似して作りかけたのですが、完成しないうちに
帰す日が来てしまい、今日適当に作りました。

でも、失敗してしまいました。

縫い方を間違えて、袋の裏地が付けられません。

またやり直しです。

今日も買い物へ行かないで、昨日も今日も一日こんなことをしていました。
買い物行かない日、今日で4日目です。

何とかなるもんですね~!

本当は、買い物に行こうと思っていたのですが、だんだん面倒になって冷凍庫を
ごそごそ探したら、何とかなっちゃいました!

c0006745_06353067.jpg
ジンギスカンと鯵の干物2枚ありました。
近くのコンビニに走ってもやしを買って~後は白菜たっぷり入りの湯豆腐作りました!





[PR]

by miqu_7cd | 2017-02-10 14:59 | 小さな喜び

私にできること・・・

鎌田實さんの「幸せさがし」という本を読んでいたら、帯広の六花亭のチョコレートを買うと
僅かだけれど寄付が出来ると書いてあったので、好奇心で六花亭のホームページを見た。

でも、どこにもそんな記事は載っていなくて、あちこちページをクリックしていたら、
こんなホームページにたどり着いた。


このホームページには、「あなたにできること」という項目があったのでクリックすると、
いろいろな方法で世界中の子供にワクチンを送ることが出来ることが書いてありました。

六花亭のチョコレートは、残念ながら期限限定で買う事はできませんでした。

でも、国産の蜂蜜を買うとわずかな金額だけど寄付が出来る項目があったので、ちょうど蜂蜜が
切れていたので迷わず購入していました。


c0006745_05201199.jpg
小さな瓶に入った国産の蜂蜜3個で2,000円でした。

c0006745_05202105.jpg
年金生活なので、現金3,000円でも寄付はためらってしまったけれど、蜂蜜なら買える。070.gif

せめてわずかな金額でも…購入した一部でも寄付になるなら~と私ができることを選びました。
自己満足だけど~ね。

鎌田医師もそうだけど、いろんな人が自分のためでなく「誰かのために生きているんだ」と
知っただけでも心が暖かくなって、自分でも何かできないかな~?と心が騒ぎました。


幸せさがし

鎌田 實/朝日新聞社

undefined






[PR]

by miqu_7cd | 2016-12-27 07:17 | 小さな喜び

マルメロ

「今年は、小さいのしかできなかったけど、奥さんにあげて!」と畑のご近所さんから夫がマルメロ
を貰ってきた。

c0006745_06105777.jpg
それを見て、絵にかいてみたないな~と思って100円ショップで4Bの鉛筆を買ってきた。

物を見て、絵を描くという事は久しくしていないので、マルメロのごつごつ感もうまく
描くことが出来なくて、卵みたいな円しか書けなかった。002.gif

でも、何だか妙に楽しかった!

毎年、畑のご近所さんが作ったマルメロを頂くが、食べれないけど、部屋に置くと香りが
いいからと聞いていたので、腐るまで部屋に飾っていた。

でも、ふと思いついてネットで調べると、ジャムやマルメロ酒にするといいことがわかった。

いつもは生まれたての赤ちゃんの顔より少し大きいくらいのマルメロだけど、今回は手の平に
収まるほど小さい。

35度の焼酎があるからマルメロ酒もいいなぁ~、何でも風邪予防や咳止めに良いそうだ。
ちょっとわくわくしてしまうが、マルメロの歴史はもっとワクワクするロマンがあった。

マルメロは、バラ科マルメロ属、西洋かりんとも呼ばれ、中央アジアやトルキスタン
あたりが原産地だそう。

古くヨーロッパに伝わり、古代ローマ時代に栽培されていて、アメリカ大陸発見後に、
移民によってアメリカに渡っていった。

日本には、1600年年代にポルトガルから長崎に伝来されたと言われている。

希望に燃えて新天地へ向かう移民の人たちが、荷物の中にしのばせたマルメロ~かと
考えると、部屋の隅で腐らせるのは、なんて勿体ない事をしてたのだと反省。

ヘタでもいいからもう少し描いて~マルメロ酒にしよう!003.gif



[PR]

by miqu_7cd | 2016-11-15 06:41 | 小さな喜び

山栗を貰う~

夫の友人が山栗を持ってきてくれました。
c0006745_06454980.jpg
栗を食べるのはあまり好きでないのだけど~ブロ友さんたちのブログを読んでいたので、
急に食べたくなって、何か作ってみたくなりました。

c0006745_06455620.jpg

とりあえず冷凍してからゆっくり考えようと冷凍保存しておきました。

ネットで調べたら、2~3時間お湯に浸けておいて、少し茹でたものを一旦冷凍してから
少し解凍してから皮を剥くと渋皮もきれいに剥ける、そうです。

栗ご飯が良いかな~?お正月の料理に使おうかな~?といろいろ考えるのも愉しいですね!


ところで、娘がマツタケを貰った~と持ってきてくれたのが横浜出発の日。
たった2本ですが、東北地方の山から採ってきた天然マツタケ。

泣く泣く留守番の姑に渡しました!
マツタケご飯にして留守番に来てくれた義妹と食べたそうです。

2合のご飯を二人で「美味しい~!」と一気に食べたそうです~。
ああ、天然マツタケ食べてみたかった~!007.gif

[PR]

by miqu_7cd | 2016-10-08 06:54 | 小さな喜び

昔のトウキビ

我が家で植えているトウキビは昔のトウキビで、今ではお店で売られている種類ではない。

亡くなった父が庭先で植えていたトウキビの種をもらって、自家採種しながら何年も植え
続けているから見かけは悪い。(父も自家採種を長年続けていたトウキビの種)

c0006745_05414466.jpg

でも、私達家族はこのトウキビが一番好きで、収穫時を楽しみにしている。
採れたては甘くてとても美味しいが、冷めると固くなるのが難点だ。

長女など、このトウキビでないと美味しくないと言いながら育ってきたが、
最近はなかなか採れたてを食べさせることが出来ないでいる。

茹でてほぐして、冷凍保存して、どちらかというと料理に使っている。


c0006745_05420061.jpg


去年ごろから、畑のご近所さんたちがアライグマの被害にあった~と言う話を聞くようになった。
随分心配したが、我が家の畑は住宅街に近いので、何とか被害にはあわずに収穫できた。

このトウキビが好き~という人だけにお裾分けしているが、美味しかったと言われると、相棒の顔もほころぶ。

私の父が植えていたトウキビの種が、今なお活躍していると知ったら、あの世で父もニンマリ笑って
いるように思えて仕方ない。





[PR]

by miqu_7cd | 2016-08-29 06:17 | 小さな喜び

ベリー三種のジャムでケーキを焼く

ジューンベリー、ラズベリー、ブルーベリーの3種類のジャムでパウンドケーキを焼きました。
c0006745_457525.jpg

でも、ちょっと失敗です。あまり膨らみませんでした。
ベーキングパウダーがほんの少し足りませんでした。まぁ~いいかと思ったのが失敗の元!

我が家の鉢植えのジューンべりーと去年摘んで冷凍してあったラズベリー、ブルーベリーで
ジャムを作っておいたのですが…それでは足りません。
c0006745_4572518.jpg

ご近所さんにお願いしてジューンベリーの実を分けてもらいました。
お鍋一杯のジューンベリーです。
c0006745_4575586.jpg

煮込む前の日にお砂糖をまぶしてそのまま放置して、翌日家事の合間に煮込みます。
こうするとあまり負担にならずにジャムが出来ます。
c0006745_4573334.jpg

だんだん小豆を似ているような気分です。味見すると、うん?これって小豆かも~と。(笑)

最初に作っておいたラズベリー・ブルーベリー・ジューンベリーのジャムと後で作った
ジューンベリーだけのジャムを多めに入れたベリーケーキです。

失敗したけれど~味見してと、ご近所さん2カ所に配って、残りは娘宅に野菜と届けようと
食べる事より作ってみることが愉しみなケーキ作りでした。

ブログ友、ビーバーさんの所で映画「リトル・フォレスト」が紹介されていました。
都会生活に居場所を見いだせず、母と二人で暮らしていた東北の小さな村に戻って
家出した母のいない家で一人自給自足の暮らしをする若い娘の物語です。
早速、楽天レンタルで借りて一気に見ました。

夏から始まって、秋・冬・春の4部作になっていて、そのそれぞれの季節の美しさには
目を見張ります。特に緑の色が印象的で鮮やかな色彩に心が踊りました。

批判を向けると、東北の小さな村に住んでいるとはいえ都会的なおしゃれなファッション、
近代的なキッチングリルと電化製品、素敵な器~そこにあるのはおしゃれな暮らし。

でも、近くにはお店もなく、大型スーパーに行くには、自転車しか持たぬ娘には一日がかり
という自然の中に暮らしていて、自然からの食材と自分で作るお米や野菜で賄っている。

そんな、ちょっと頭を傾げたくなるような舞台だけど、自然の恵みから得る食材を使った
料理、粉を捏ねパンを焼く、自分で作ったお米のご飯に感動すると言ったゆっくりとした
手作りの暮らし方は、やっぱり良いもんだな~という感動を覚えた。

それは、決して映画のようなきれいごとではない暮らしだとは思うが、レシピ通りに料理
を作る、パンを作る~と言った暮らしではなく、自分で考えて工夫することに感動した。

私は、便利さを喜び、作る事よりも買う方が早い~と言った暮らし方を選んできたのに、
今になって手のかかる暮らしが愉しいだと…ケーキを焼きながら思ったものです。

いい映画でしたよ~、心が疲れた時など見たら、きっと元気をもらえると思います!
[PR]

by miqu_7cd | 2016-07-16 05:49 | 小さな喜び