カテゴリ:DVDで映画( 68 )

もうヒトハナ、咲かせたい~

久しぶりにレンタルDVDを借りて、邦画「人生、いろどり」を見ました。

この作品は、徳島県の山間部にある上勝町の葉っぱビジネスで成功した実話をベースに
した物語なので、知ってる方も多いと思います。

この町は、もともとはみかん農業の町だったが、人口の約半数は高齢者で、過疎化が進み
町を出ていく人も後を絶たなかったそうです。

みかんが思うように採れない年もあることから、野菜を売ったりしながら細々と暮らしていた
様子に胸を痛めた農協の青年が、ふと思いついたことから年収最高2億6,000万円の収入
を得るようになったのです。

青年が寿司屋で見た観光客の何気ないしぐさ~料理に添えてあった黄葉の葉っぱをきれい!
と大事そうに紙に包む様子見て、「そうだ、葉っぱを売ってみよう~!」と閃いたのです。

c0006745_74829.jpg


農協の青年の提案に「そったらことできるか?」と嘲笑して耳を貸さない男たち、その様子に
反発して、前向きだったのが雑貨屋を営む未亡人で、幼馴染の薫を誘い手をあげました。

映画では、淡々として描かれていますが、実際は長く苦しい道のりだったようです。

薫の夫の反対、村人の冷たい視線、薫の気持ちは揺れ動きながらも、農協の青年と幼馴染の
明るく前向きな様子に引かれるように、だんだんと葉っぱビジネスに取り組み始めます。

初めはおどおどしながら夫の顔を伺い、幼馴染の陽気さに反発しながらも、薫自身が変わって
いく様を吉行和子さんは見事に演じています。

薫たちの「もうヒトハナ、咲かそ」と言い合いながら、顔がどんどん輝いていくのをみながら、
何歳になっても生きがいってひつようなんだ、と改めて感じたものです。

夫を亡くし、息子の家族ともほとんど会えない暮らしの未亡人を富司純子さんが演じています
が、寂しさを明るくひょうきんさで隠した演技が印象に残りました。

後からの応援団に、やはり薫のもう一人の幼馴染の出世頭を中尾エミさんが演じていました。

あんなに反対していた町の男衆が、一緒に寄り添い葉っぱビジネスを支えていく様子も心が
温かくなる思いでした。

c0006745_7272885.jpg


何歳になっても、自分の自由になるお金を得られるってことは、生きがいに繫がるんですね~。
私も、もうヒトハナ咲かせたいな~とつくづく思いました!emoticon-0102-bigsmile.gif




人生、いろどり [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生

横石 知二 / ソフトバンククリエイティブ


[PR]

by miqu_7cd | 2015-10-01 07:32 | DVDで映画

邦画「阪急電車 片道15分の奇跡」を見て

「宝塚~西宮北口」間を走る阪急今津線、そこに乗り合わせた乗客の触れあいと
心の模様が描かれた2011年の作品です!

後輩に婚約者を奪われた翔子、恋人のDVに悩みながらも別れることが出来ないミサ、
息子の友人の親だから「断れない」と高価なランチの誘いに悩む主婦~

誰もがそれぞれ悩みや辛さを抱えながらも、表面は元気で明るく生きている。

同じ電車に乗り合わせたことで、一寸した触れ合いが、それぞれの悩みを解き放ち
すっきりした自分を取り戻していく、暖かな余韻が残る映画でした。

c0006745_06411510.jpg
写真は作品とは関係ありません。


白いイブニング姿で電車に乗り込んだ翔子、乗り合わせた人も、すれ違う電車の乗客も
奇異な視線を向けていたが、彼女は毅然とドアの傍にたたずんでいた。

この日、元婚約者と後輩の結婚式だった。

一方、同じ電車の中では、傍若無人に笑い声をあげて喋りまくる中年の女性の
グループもいた。

やがて、顔を伏せて涙を隠しながら嗚咽する翔子に、乗り合わせた初老の女性・時江が
声をかける。

「こちらにいらしてお話しませんか?」と誘う時江。

うなずきながら話し出した翔子。

正直、たかが15分で心を晒すわけがないし、時間も足りないだろうと批判的に
見ていたのですが~

宮本信子さん扮する時江のふんわりした笑顔が、そうさせたのかな~?とも思い
ましたが~人を優しくするのは、ほんの少しの思いやりななんですね。

ネタバレになるので、内容はこの辺でやめますが~翔子が心の痛手を乗り越えて、
清々しく・強く生きていく様子を縦糸に、

すれ違うだけの他の乗客の悩みや思惑を横糸に、それぞれがハッピーな気持ちへと
向かっていく様子が淡々と描かれています。

作品に対しては、いろいろ賛否両論あるようですが、私は心が暖まる映画でした。








阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD]

中谷美紀,戸田恵梨香,南果歩,谷村美月,有村架純/ポニーキャニオン

undefined




[PR]

by miqu_7cd | 2015-01-15 06:21 | DVDで映画

ずっとあなたを愛している

クリステイン・スコット・トーマスが好きで見た映画ですが、素晴らしいの一言。

レアは、息子を殺した罪で15年の刑期を終えた姉ジュリエットを自分の家庭で
しばらく滞在するように迎えに行く。

レアは、姉とは歳が離れえていたので、姉はいなものと育てられていた。

レアの家族は、夫とベトナム人の二人の養女がいたが、夫はぎこちなく
おしゃまな長女は好奇心丸出しでジュリエットを迎えた。


ずっとあなたを愛してる [DVD]

角川映画



刑期を終えたばかりのジュリエットは、しわも多く顔色もさえない叔母さんだった。

妹にも心を閉ざし、レアの幼い娘たちにも無関心だった。

レアの夫は、ジュリエットの存在が疎ましく、二人の仲もぎくしゃくするようになる。

しかし、担当の刑事、レアの同僚、レアの娘たちなど、さまざまな人と接するうち
ジュリエットの瞳が輝き、かすかに笑みを浮かべ、魅力的な女性に変貌していく。

その変化がとても無理なく描かれているのが見ていて気持ちがいい。

何故、姉は6歳の幼い息子を殺したのか?レアの疑問はだんだん膨らんでいった。

これ以上書くとネタバレになるの内容はこの辺で。


ジュリエットの葛藤をクリステイン・スコット・トーマスは、とてもよく演じている。

無表情の顔に、ふと目が輝き、内面に押し隠した優しさや教養が感じ取られる
反面いかに自らの罪を深く受け止めてるかも伝わってくる。


この映画は、善意溢れた人だけがでてくる訳ではなく、それぞれが孤独や悩みを
抱えながらも一生懸命生きようとしているエピソードも盛り込んでいます。



この女優さんの目の雰囲気がとても好き。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-11-19 06:45 | DVDで映画

サラの鍵

パリに住むユダヤ人一家がたどる残酷な運命とその足跡をなぞるアメリカ人
ジャーナリスの生き方を交差させたミステリータッチの映画です。


サラの鍵 [DVD]

東宝




パリに住むアメリカ人ジュリアは、リフォーム中の夫の父親が所有していた
アパートを見に行き、不思議な感覚を覚えた。


ナチス占領下から存在していたアパートがどうして義父のものになったのか?


調べ始めたジュリアは、一人の少女の存在を突き止める。

その少女は、サラ。

実話ベルディブ(冬季競輪場)事件>をもとにした作品で、ナチス占領下のパリで起きたサラの悲劇が描かれて胸が痛みます。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-10-15 06:42 | DVDで映画

メッセージ

フランスのベストセラー小説を映画化したものだそうだが、あまりよくわからない作品だった。

ただ、自然の映像が素晴らしくきれいで、また今まで見た映画のなかでは背景の撮り方が
新鮮な感じがした。

メッセージ [DVD]

東宝



ニューヨークで弁護士として成功を収めているネイサンのもとに、ケイと名乗る精神科医が訪ねてきた。

「人の死がわかる」というケイ、ネイサンには彼のアプローチが不可解で逃げ回る。


ネイサンは、幼い息子を突然亡くしたことで妻をなじり、追い詰め、離婚して、仕事に没頭していた。

時々娘からの連絡さえ、苛立つネイサン。


そんなのネイサンに執拗に近づいてくるケイ医師。

何が目的だ!と頭を悩ますネイサン。


少しずつベールがはがされていくが、途中でまたあの気がついたら死後の世界?という諦めを
抱きながら、ラストを迎えるが、今一理解できなかった。


ちょっと凝りすぎな感じがする映画でした。

もうちょっとシンプルな描き方の方が、ドラマチックでドキドキするものになったような気がするが~

テレビ映画「LOST」に主演している女優さんが、ネイサンの奥様役で出ています。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-08-11 04:13 | DVDで映画

アレクサンドリア

4世紀のエジプト、実在した女性天文学者をモデルにした壮大な歴史物語です!

ローマ帝国末期のアレクサンドリアでは、古代の神々を崇めていたが、ユダヤ教
と振興のキリスト教が勢力を広げ始めていた。

やがて、政治的にもキリスト教に改宗した方が生きやすい状況も生まれ、表向き
だけでもキリスト教に改宗する人々が多くなっていた。


アレクサンドリア [DVD]

SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)



世界中から学問を求めてアレクサンドリアに人々が集まり、「人々はみな兄弟
です!」と教えた教師のヒュパティア。

彼女は聡明で美しく、教師としても、女性としても、心を寄せる男性も多かった。

しかし、彼女はひたすら「天と星の真実」を解明することに打ち込んでいく。

世の中は、次第に異教徒同士の反目が広がり、暴力的な力で改宗を迫るように
なり、ヒュパティアは激しい怒りを覚えながらも、一心に研究にのめりこんでいった。


一神教とは、なんて残酷なんだろう・・・・と言うのが見ていて正直な感想だった。

日本は、多神教と馬鹿にされるが、まだ救われると思う。


宗教が人の心のよりどころになるのではなく、自分たちと違うものを排除していく
様は愚かだとつくづく考えさせられた作品でした。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-04-06 04:59 | DVDで映画

プロメテウス

アメリカでは好評だったが、日本では「金返せ!」というほど不評だったとか。

が、私的には結構面白かった!感覚がおかしい?かな。(^_-)

プロメテウス [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



現代から80年くらい先の近未来のお話。

真っ先に感じたことは、その頃の服装も今と代わり映えしないのか?ということ。

スコットランドで発掘していた科学者が発見した古代人の壁画。

そこには、過去に発見された時代も国も違う古代人の壁画と同じ絵が
描かれていた。

地球人への招待状と理解した科学者は、到着するまで2年以上かかるその星へ
「人類の起源」を求めて宇宙の旅に向かう。

いろいろ映画の細部を突っ込んで矛盾点ついてるブログもありますが、私は
単純に面白いと思って楽しんだ。

最近は、DNAの研究ですべての現代人はアフリカの一人の女性に繫がるという
説が本当らしいそうだが、

そうすると、やはり地球人の女性とどこかの惑星からの宇宙人の介在があった
のでは?と考えさせられる。

そんな単純な人間の疑問に答えを出した珍しい宇宙映画だと思った。

スピード感があって、話がどんどん進んでいくのはいいが、やはり説明が足りない
場面が多かった。

難しく考えないで、映画を楽しんじゃったほうがいい作品かな?
[PR]

by miqu_7cd | 2013-03-21 07:16 | DVDで映画

ゴーストライター

元英国首相のアダム・ラングのゴーストライターが泥酔して溺れ死んだので
後釜として引き受けないか?

そんな依頼が舞い込んだが、政治にも興味がなく、あまり気乗りがしないで
断った主人公(ユアン・マクレガー)。

しかし、断っても断っても相手は執拗に依頼して来て、とうとうラングが住んで
いる小島へ向かうことになった主人公。

ゴーストライター [DVD]

Happinet(SB)(D)



なぜ、自分にゴーストライラ―の仕事が舞い込んだのか?そんな視点で映画は
進んでいくが、内容に無理があるなぁ~?と思いながら見た。

どうしてここで首相の奥さんと親密になるの?と、どうでもいいエピソードが入って
正直頭をひねる。

ただ、前任者が事故で死んだのではなくて殺されたのでは?と主人公が思い
はじめてからのスピード感が心地よく、謎解きの面白さが増していく。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-03-14 06:32 | DVDで映画

灼熱の魂

とても痛々しく、重いテーマの映画ですがぜひ見てほしい作品です!

中東系カナダ人として生きる女性の数奇な人生、あってはならないことだが
起こりべく事実。

この世から戦争や民族紛争がなくなって欲しいと強く祈り、願う気持ちでいっぱい
になりました。

灼熱の魂 [DVD]

ビデオメーカー



母が死に双子の姉弟に2通の手紙が残された。

姉には、「父を探して渡すように」、弟には、「兄を探して渡すように」という奇妙な
メッセージが添えられていた。

彼らは、父親は死んだと聞かされていて、兄の存在も知らされていなかった。

また、母親も彼らに母親らしい愛情は示さず、心を閉ざしていたから、母の願いは
身勝手な事であり、怒りしか覚えなかった。

しかし、二人は悩んだ末に母のルーツをたどる道を選んだ。


ミステリータッチでなぞる母親の過去に娘が重なりあいリアルさが一層えぐられる。

重たいテーマですが、母親の悲しみや辛さが共感できる作品です。
[PR]

by miqu_7cd | 2013-03-12 06:29 | DVDで映画

ジョン・カーター

歴史に残る失敗作だそうだけど、私は結構楽しんでみました!

時代はアメリカの南北戦争のころ、ジョン・カーターは家族を戦争で失った
悲しみから荒んだ気持ちで暮らしていた。

ある日、酒場で争いになり、追われて逃げ込んだ場所が金鉱だった。

追ってきた謎の男と争いになり、相手を打ち殺してしまう。

死に際に男が残した言葉をおうむ返しにつぶやいたジョン。

気が付くと、そこは見知らぬ惑星だった!

ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



ウォルト・ディズニー生誕110周年記念に制作された作品で、
エドガー・ライス・バローズの「火星のプリンセス」が原作。

荒唐無稽でばかばかしい場面もあるけれど、久しぶりに面白いと思ったSF映画でした。


頭を使いたくないとき、楽しめる映画です。(^_-)-☆
[PR]

by miqu_7cd | 2013-03-10 05:34 | DVDで映画