カテゴリ:つぶやき( 21 )

夢だった…

初夢だったら良かったのに、大晦日に不思議な夢を見た…。

誰かと買い物に出かけて歩いていたら、今は冬なのに、真っ青な空に新緑の
風景と出会い、カメラを持ってくれば良かった!と私は残念がっていた。

そして、どんどん歩いていたら、目の前に優雅な緑の富士山がそびえ立っていた。

息をのむほどきれいで…ああ、カメラを持ってくれば良かった!と思いながら、
私はその風景に魅了されていた。

正夢に近い夢は見たことがあるけれど、一度も出会ったことがない風景は…と夢を
思いだしながらブログを書いていて、ふと思いついた。

映画で見たことがある風景に似ていたと。

そうそう~あの「サウンド・オブ・ミュージック」ジュリー・アンドリュース主演の
あの映画の一風景に似ていたのだ…そびえ立つ山を富士山と思っていた。

どうして富士山だったのかな~?と考えながら、夢の余韻に浸っている。


c0006745_05235999.jpg

昨日は、プリンターが壊れて年賀状の印刷ができないからと使わせて~
と急に長女が孫を連れてやってきました。

ムムム~こっちは料理作りで忙しいんだよ~と内心怒りながらも…いいよ!
と言ってしまう親バカ。

孫と遊び遊び、お節料理を作った30日でした。042.gif

ブロ友さんへ、
個々に御挨拶に伺いませんが、良いお付き合いを頂いて有難うございました。
ブログをしていなかったら、自信が無くなり…くじけそうな1年でした。

いろいろ励まして下さったり、体験をお話下さったり、感謝しています。
有難うございました。

来年もどうぞ宜しくお願いします。
皆様、良いお年をお迎えくださいね。


[PR]

by miqu_7cd | 2016-12-31 06:10 | つぶやき

眠れぬままに~

2時近くに目を覚ました~もう朝かと思って起きてみると、時計は2時前だったので
また布団にもぐったが…眠れず、ゴロゴロ寝返りばかり。

それも辛いので、結局起きてしまった。

時々、こんな夜があるが、昼間眠くなったら寝ればいいと腹をくくると、眠れない
こともそう辛くないものだ。

そして、昼寝する事はほとんどない。(本を読んでいるうちに寝ている事はあるが~)

最近、こんな本が気になって図書館で借りてきた。

c0006745_04590390.jpg

先月、ものすごい寒い日に寒冷蕁麻疹が起きて、寒いと時々出るようになった。
その前から、アトピーのような湿疹も出るようにもなっていた。

食品アレルギーがあるから、アレルギー体質とは思っていたけれど、両方が一度
に襲ってくると、やっぱり堪えられない。

相棒は、ストレスだ~という。多分、と私も思う。

で、食べ物に気をつけて、心模様をととのえようと努力?したら、今朝ふと寒冷じんましんが
収まったように思えた。(寒くても蕁麻疹が出なくなっていた)

私は、年の変わり目にたいていいろんな不調が襲ってくる。
でも、病院へ行かねばと思いながらも、ぐずぐずしているうちに不快感が治っていることが
多いので、今回もまさにその通りなので、すぐ病院へは走らなかった。

病は気から~とよく言うが、私の場合は寝不足が一番の敵だ。
そんな時は、風邪にかかりやすい。

でも、眠れないと悶々としているよりも、起きて好き勝手なことをしていると、気持ちが弾んで
くることから、楽しく穏やかな気持ちに切り替わる。

それがいいのかな~?と思うし、ブログを通して共感して下さるブロ友さんたちの存在も大きい。
変なこと書いてしまったなぁ~と思ってもイイネを押して下さると単純に嬉しい。

なるべく嬉しい、楽しい、愉しい、穏やかな気持ちを持つようにしていたら、アトピーも蕁麻疹も
まったく収まった訳でないけれど…今朝、沈下しつつあるように感じられた。

蜂に刺されて、蜂アレルギーもある。
胸骨を骨折して安静を強いられたこともある。

自然治癒力では治らないものもあるだろうけど、胸骨を骨折して安静にすることで治ったのは~
自然治癒力のおかげだろうと思う。骨は、くっつくように出来ているそうです。

眠れないまま~こんなことを考え書いていたら…もう朝になってしまいました。019.gif

[PR]

by miqu_7cd | 2016-12-26 06:22 | つぶやき

久しぶり~

久しぶりにデジタルカメラの「FINEPIX・HS10」で写真を撮ってみた。


c0006745_04500441.jpg


昨日、久しぶりに若いころからの友人とランチした。

還暦を迎えた時、「運を変えたいね~」と言って、二人で耳鼻科に行ってピアスの穴を開けたっけ。

果たして二人の運は変わったのかな~来年70歳になることに二人で驚いて…家の中で小さい喜び
を見つける暮らしでいいと思うようになった…私達。

69年も生きた、という実感もないまま…ボケないようにしようね!と約束したけど…明日のことは
風任せ~深く考えないようにしたい。



c0006745_04495685.jpg

久しぶりに夜中に目をさまして…そのまま起きていた。

長々とブログを書いて…写真を取り込もうとしたら~あらら、せっかく書いたブログが消えてしまっ
た!神様が、そんなことは書かない方が良いという計らいだったのかもしれない、とふと思った。


しばらく使っていなかったデジタルカメラ…撮り方も忘れていました。

昨日行った和食のランチしたお店、おばさんたちは私達だけ。
ビジネスマンやカップルしか来ていません。

どこに行ってもおばさんたちが多いランチ時、ここはそっとしておいた方がいいですね。
お寿司を食べて来ました。



[PR]

by miqu_7cd | 2016-10-15 06:34 | つぶやき

思い切って遠出~

先日、朝刊の新聞広告に載っていた本が読んでみたくなって、お昼を早めに食べて、
炎天下の中、生協まで自転車で出かけた。

新聞に広告を出している本は、大抵近くの本屋さんにはないことが多いけど、
やっぱり、その本も探したがなかった。

無いとなると余計欲しくなるのが人情~と言おうか私の悪い癖。
街にある大型書店が、頭の中でチラチラしだした。

時間も早い、自転車は置いて、地下鉄で街に出てみようかな~?と気持ちが動き出した。
でも、恰好は普段着のよれよれG-パンにポロシャツだしな~と迷う気持ちもあった。

8月は、姑の入院騒ぎから始まり、病院・買い物付き添い、お墓参り、娘たちの滞在、
義妹夫婦(夫の妹)の来札・滞在~など次々あって、気が休まらないことが多かった。

どこか気持ちがささくれ立っていて、娘たちの滞在以外は、怒りが渦巻いていた。
そうだ~ちょっと街に出てこよう~街に出て気分を変えて来よう~かな。

布団を干してきたのと洗濯物が気になったけれど、思い切って地下鉄に乗ってしまった。

c0006745_04375067.jpg
読んでみたかったのは、NHK朝ドラ「あさがくる」の原案本「土佐堀川」を書いた方のエッセイです。
ネットで注文してもいいのですが~読んでみてがっかりすることもあるので、
内容を少し見て~買おうか決めようとジュンク堂まで行きました。

地上を歩けば何ともないのですが、地下鉄を降りて地下街を歩くと迷います。
特に最近の札幌の地下街は、迷路みたいでわかりづらい。

でも、地下街は暑くないからウロウロ歩いても、炎天下の地上と違って疲れない。
頭の中でジュンク堂は、丸井の隣だから~こっちに行けばいいのかな?などと
考え考え歩きました。

それで、怒りは収まったかって~?いいえそんな簡単に収まりません。(笑)

いろんなことがあって、姑を信頼できなくなった自分の心、観光気分で来ているような義妹夫婦に
対する怒りが渦巻いて…醜いな~と私は自分を責めていました。

でも、この作者の一言が慰めてくれました。
「苦しんだ分だけ、幸せになれる」

自分を不幸せ、と思ったことはないのですが、常に緊張を強いられる姑の存在は苦しく辛い
のが本音。もう開放されたい~と常に思う私がいる。やはり、そのことで悩んでしまいます。

お洒落しないで、普段着のままで街に出てきたら、何だか余計開放感を味わって~
古川智映子さんの言葉に慰められて…少し元気になりました。

もちろん、本は買いましたよ!


[PR]

by miqu_7cd | 2016-09-01 05:59 | つぶやき

雨の日は、ホッとする~

年金生活になると、毎日が日曜日のようなもので、平日と休日の線引きがなくなる。

だから、主婦の立場から言えば夫のいない日を休日と思えばいいのかもしれないが、
お天気相手の野菜作りがメインの夫との暮らしだと、私も庭仕事があるから休めない。

それで、この頃意識して雨の日は、休日と思うことにした。

昨日も朝から雨。

「やった~休める」と思うと何だかホッとする。

c0006745_654992.jpg

刺繍もしたい、本も読みたいとあれこれ考えながら、お昼も簡単に済ませるよう残りご飯で
おにぎりを作っていたら、冷凍庫にあるラズベリーとブルーベリーが気になってきた。

そろそろジャムにしないとなぁ~、と思いながら延ばし延ばしにしていた。

そうだ、ジャムを作ろう。

c0006745_663664.jpg

冷凍してあったラズベリーもブルーベリーもお砂糖が振りかけてあるから~そのまま
お鍋に移して、時々火にかけ、全部で4個できた!

時々火にかける…ために、キッチンまで行ったり来たりしているうち、ふと食器棚の一部が
気になって来た。

映画のDVDやビデオ・CDが押し込んであるのが見苦しい。

そうだ、断舎利、断舎利~ビデオデッキが壊れてしまったので、映画のビデオは捨てよう。
私は、1週間単位で断舎利と言うより、使わないものの処分をしている。

c0006745_664649.jpg

いらなくなったビデオを処分したら、こんなにすっきりした。

やっぱり「休日」にはならなかったが、心のもやもやも整理できたようなすっきり感を味わった。
刺繍も読書も出来なくて、やっぱり家事になったけれど、雨の日は何だかホッとする。
[PR]

by miqu_7cd | 2016-05-12 06:31 | つぶやき

自己嫌悪

チャイムが鳴ったので出ると、親の代から親しくしているご近所さんが「おばさんいる~?」と
インターホンごしに聞いてきた。

「あれ~?どうかな~見てみるね~」と言って、下に行ってまず玄関のドアの鍵を開けると、
ご近所さんと宅配の人が立っていた。「いるみたいだね」と宅配の人と話している。

でも、姑はいなかった!

事情を聴くと、着払いの荷物を届けに来たが、前もって電話したけれどお留守だとは思ったが
たまたま外にいたご近所さんが聞いてあげる、と私たちの住まいのチャイムを鳴らしたらしい。

ご近所さんは、姑が時々居眠りしたり、違う部屋にいると電話が聞こえないことがあることを
知っているから、気を利かせたんだろう。

代金を聞くと大した額でなかったので、立て替えておくからと代金を払い、荷物を受取った。

テーブルの上に荷物を置いて、部屋を出ると、玄関に不在届が落ちていた。

少し迷って、箱に領収書が貼り付けてあったが、小さいから気がつかないかもしれないと思い、
代金が大きく書いてあったその不在届も箱の上に置いてきた。

それが失敗の元だった!

ドアを閉める大きな音が聞こえたので、姑が帰って来たことに気がついたが、荷物の事を知って
2階に上がってくると思ったら、そんな気配がしない。

だいぶ時間が経ってから、下に降りていくと電話の前で姑が頭を傾げている。

「荷物の代金、立て替えておきました~」と私が言っても、「今電話したけどさっぱりわからない」
という。

「あのね、荷物があるんだから、私たちにどうしたの?と聞いて」と私が言っても知らん顔。
そして自分の言いたいことを次々に話し始める。

代金は、たかが2、500円程度~でも、もらえないんでないかと正直焦って、大きな声で
「私が立て替えました!」と言ったら、うるさそうな顔で「いくらなの?」と言う。

自分で買った料金も知らないの?と怒鳴りたい気持ちをぐっと押えたけれど、私の顔は
怒っていたんだと思う。

何度か「荷物があるんだから、あちこち電話しないで、私に聞いて!」と大きな声で言うと
うるさそうに横を向いて「ハイ、ハイ」と言う。

用事を伝えようとしても、こちらの話を聞こうとしないから、つい大きな声を出してしまう。
耳が遠いからわからないと言うよりも、こちらの話を聞こうとしない姿勢に腹がたってしまう。


ああ、、修行が足りないなぁ~と気持ちがふさいでしまう。

どうして穏やかな会話にならないのかと、自己嫌悪でいっぱいの日になってしまった。



064.gif056.gif

寒すぎたり、雪が降ると、外に出してある漬物を出すのが億劫になります。

そろそろ食べきらないと傷んでしまうので、いつも2月に入ると冷凍するのですが、
まだだいぶ残っていたので、少しだけ冷凍しました。

c0006745_613249.jpg

こんなにきれいな黄色ではありません。(ホワイトバランスを使ってみました)

c0006745_6133287.jpg

こちらの色が本物?のたくわんの色。

たくわんは、出した当時は綺麗な色ですが~時間が経つときれいではありません。
やっぱり沢庵の元など使って色を入れたらいいのかな~?と思案中です。

皆さん、どうなされているのかな~?
[PR]

by miqu_7cd | 2016-02-08 06:55 | つぶやき

子育ての失敗

娘が孫を連れて沢山の悩みと愚痴を抱えて滞在していた。

昔聞いた姑と同じようなことを言ってるな~と思いながら聞いていたが、
私の育て方が悪かったのかと、悶々としてしまう。

聞く事と、美味しいものでも作って食べさせることぐらい親にできることはないと思うが、
やはり聞いていて娘に腹がたってきた。

娘の連れ合いも悪いが、やはり娘の方が我儘である。

この子が小さい時、同じような状況でも私は黙って受け入れていたが、情報過多の現在、
上や廻りを見て自分の境遇と比較している。

子育ての失敗を叩きつけられたような気分でここ何日かを過ごしていた。

c0006745_5574978.jpg


孫が「ピザ、ピザ」というので、冷凍してあったピザ生地を出してピザを焼いたが、
孫は見ただけで一口も食べなかった。(孫用にトッピングを少なくしたのに~)

おにぎりとカレーライスとラーメンしか食べない~と言うのが娘の悩みの一つだけど、
こんなに元気だから気にしないで~と言うが…当人には深刻だ。
c0006745_5575846.jpg


自宅まで送りとどけ、帰って来たときはぐったりと疲れ果てていた。

申し訳なかったが、ボランティアは休ませてもらった。
[PR]

by miqu_7cd | 2016-01-27 06:07 | つぶやき

冬の薔薇

薔薇の咲く時期に花を付けなかったのに、どか雪の降った朝咲きかけていた。
このままだと可哀そうだから、枝を切りコップに挿して、キッチンの窓辺においた。

c0006745_415022.jpg


薔薇は、暖かい時に咲くものと思い込んでいたけれど、温度が低くなった秋が深く
なってからも花が咲くことを、この頃知った。一季咲きの薔薇でも。

c0006745_42570.jpg

そして、室内で飾っておいても長く咲いている。
台所仕事をしているとき、この薔薇の花を眺めながら、遅く咲いた薔薇に慰めをもらっている。


一番仲よくしている友人が、とうとう頭にできた腫瘍の手術をすることになった。

良性の腫瘍だけど、大きくなると目の神経などを圧迫して2次的な障害がおこる可能性が
あるから手術を勧められていることは聞かされていたけれど、最近あまり口にしないので、
落ちついているのかな~?と思っていた。

だけど、時々来るメールの文面がいやに陽気だな~とこの頃感じていたが、手術の事を
知らせて来たとき、やっぱり、と腑に落ちた。内心の動揺を抑えていたんだな~と思った。

彼女は、去年友人の一人を癌で亡くした時は、ひどく落ち込んでいて、ショックも受けていた。
私は、もう何人も友人を亡くしてきたから、どこか覚めた気持ちで愚痴など聞いていた。

でも、今回は私もショックで落ち込んでしまった。
しばらくぼんやりした気持ちで過ごしていた。
手術したあと、私の事を知らないと言ったらどうしよう~などと心配もした。

あとで、こんな風に考えて私も眠れなかったよ~と笑える日が来ることを信じて、またランチを
しながらお喋る出来る日を楽しみにしていようと、やっと思えるようになった。


063.gif
えむちゃんのボランティアのお手伝いに行った時、作ってご覧と左の豚さんの縫えばいいだけの
型をもらいました!四苦八苦してやっと出来ました。見本はもっときれい。
c0006745_4365937.jpg

右は、自分で型紙を起して作りました。やっぱり不器用だな~。
これは、ポットとか急須とかの敷物ですが、使うの何だかもったいないよ。

ちくちく縫い物などしていると、心が落ち着いてくるから不思議です。
[PR]

by miqu_7cd | 2015-11-30 04:48 | つぶやき

突然の別れ

11月に入ると喪中のハガキが届くようになった。

ネットフレンドの千葉産のももさん(ハンドルネーム)からもきていたが、親戚のどなたか
亡くなったのかな~?と思ってよく見ないでパソコンの傍に置いてしまった。

私は、眼鏡をかけないと、新聞の見出し位の文字でないと殆ど読めない。

でも、昨日きちんと手に取って老眼鏡をかけて読んでみたら、妻が永眠~と書いてあったので、
差出人を慌てて見直した。

ご主人の名前だった。呆然としてしまった。まだ56歳だった。

千葉産のももさんとは、一度も会ったことがないが、私が2000年にホームページを立ち上げた
ばかりの頃からよく訪問してくれて、掲示板で楽しい話題を提供してくれる人だった。

当時、自分で言うのもおかしいけれど、私の掲示板はいろんな人が訪れて賑やかで楽しい
掲示板だった。

日本のあちこちから、そして外国に住む方もいて、結構いろんな話題で盛り上がっていたし、
よく聞く中傷や嫌味など無縁だったと思う。(私が気がつかないだけだったかな~)

何人かの人と、札幌に行くから会いませんか?というお誘いで会ったこともあるけれど、
千葉産のももさんがお友達と札幌に来たときは、断ってしまった。

その時の私は、人と会うのがいやなウツ的な状態で、電話口から聞こえてくるお友達の
賑やかな笑い声にすっかりおじけついてしまった。

時間的に会う時間が5~10分程度しかなかった、というのも断った理由だったけれど、
あの頃の私は姑とのことで、かなり人間不信になっていた。

ネット上の私と現実の私は、違う。どうして私の事、良い方に見てくれるの?
現実の私は、そんなに良い人ではない。
ネットの世界は、仮装社会。現実は、姑と上手くやれないダメな嫁。

その頃の私は、そんな感情が渦巻いていたんだと思う。

一つひとつとりあげればたわいない事だったかもしれないけれど、姑の嫌なことを愚痴る
相手もいなかった。だから、気持ちはふさぐ一方だった。

そんな時の千葉産のももさんからの誘いだったので、会いたいという気持ちはしぼんでいて、
断ってしまったが、心の隅に後悔として残っていた。

千葉産のももさんは、ホームページを持っていなかったので、こちらからは訪問できないが
年に一回の年賀状のやり取りで元気な様子が垣間見れた。

あの息子が結婚した~、孫が生まれた~といった報告が嬉しかった。

今では私のホームページの掲示板は、あのころの活気は失い、千葉産のももさんからの
コメントも寄せられなくなった。

仕事が忙しくて、見てるだけです~とメールをくれたのも随分前のこと。

このブログも見ててくれるかな~?と思いながら書いてたこともあるが、9月に亡くなっていた。

私より、こんな若い年齢で~、と思うと悔しい。
急病で、突然亡くなったと書いてあった。

会ったことはないけれど、ご主人と幸せそうに寄り添う写真入りの年賀状の顔が想い出される。

ご冥福をお祈りします。

c0006745_6585.jpg

[PR]

by miqu_7cd | 2015-11-18 06:20 | つぶやき

一日に2回もピアスを落とす

還暦を迎えた時、友達と二人で「運を変えよう!」とピアスの穴を開けに皮膚科に行った。
運が変わったかどうか~?は、知りようがないけれど、ピアスは片方だけをよく落とす。

先日、相棒のないピアスを整理して、一つだけ新しいピアスを買い足した。

そして、昨日はブログ仲間のえむちゃんとオフ会しようと約束した日だったので、その新しい
ピアスをつけて出かけた。えむちゃんのブログは、こちら

早目に自転車で家を出て、大型スーパーの本屋さんで時間をつぶしていたけれど、やっぱり
緊張していたのかな~何だか落ち着かない。

身支度をチエックしたくなって、トイレに入って鏡を見たら、ピアスが片方ない!021.gif
ピアスを取ると何だか顔が寂しく感じる。

ちょうど同じフロアに服や軽いアクセサリーが置いてあるのを想い出し、行ってみると安いピアス
が置いてあったので、一つ選んで買うことにした。

落したピアスより、その日の服装によく似合った。

実は、はじめて会うので外出着(ほとんどカジュアルだけど)を着ていくのが礼儀かな~?と散々
迷ったけれど、余計緊張するかもしれないと普段着のG-パン姿で出かけてきたのだ。

そんな私の気持ちを支えるように、そのピアスは安物だけど、自信を持たせてくれた。

約束の場所でえむちゃんと会い、食事をしながら、何の違和感もなく会話が弾む。

不思議な感覚を覚えながら、ランチ後珈琲を3杯お代わりし、4時間そのお店に居座った。(^^ゞ

ブログを通して、えむちゃん象はふんわりした奥様風に考えていたのだが、全然違った!
へんに控え目ではなく、率直な物言いがすごく心地いい。(ゴメン)

「本当はドタキャンしようかと思った!」と言われ、理由を聞くと、私に対するイメージがすごく違う。

ま、年齢差はあるけれど、知的でもないし、むしろミーハー部分が多いのになぁ~と恥ずかしい。
でも、今まで出会ったことがないタイプの方との出会いは、とても愉しく爽快でもあった。

ボランティアとはいえ、取り組んでいることも素晴らしい。人間的にも、とっても大きな人でした。

えむちゃん、緊張させてごめんね。また、あいましょうよ~063.gif


買い物をして、家に帰ってソファに寝転がっていて、ふと耳元に手をやると、ピアスがない!
え~、また?どちらも左のピアス。

新しい出会いと、失くした二つのピアス。ちょっと神秘的に感じたのは、深読みすぎかな~?


c0006745_692016.jpg

[PR]

by miqu_7cd | 2015-09-08 06:09 | つぶやき