<   2017年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

豊平公園2

豊平公園は、豊平区にある鬱蒼とした木々に囲まれた公園で、バス通りの36号線を
少し中に入る場所にあります。

ちょうど豊平神社の裏手になり、きたえーるも隣接した場所にあります。
地下鉄「豊平公園」のすぐ隣でもあります。


c0006745_06083881.jpg


記憶にあったな所を間違えて、公園内をぐるぐる歩き回ってカラクリの花やエゾエンゴサクの
群生とやっと会うことが出来ました。


c0006745_07160997.jpg


c0006745_06121737.jpg


たくさんの人出があり、ほとんどの人は立派なカメラ持参で熱心に花々を写していました。


c0006745_06124269.jpg
カタクリの花


c0006745_06123374.jpg

エゾエンゴサク

c0006745_06125365.jpg
カタクリの花は、下を向いてるので写真に撮るのは難しいです。
寝転がってカメラを向けている人もいましたよ。


c0006745_06131154.jpg
タツタソウ。我が家の庭にもありますが~まだ小さな蕾しか咲いていません。


c0006745_06132038.jpg
蕾がついていた唯一のチューリップ。


c0006745_06133448.jpg
クリスマスローズ。




c0006745_06134570.jpg


ツツジも咲きだしていました。

179.png公園の施設で珈琲でも飲もうかな~と入口の反対側にある緑化センターまで
ぶらぶら歩いて行きました。

でも、中は混みあって座る場所もないので諦めて、来たときはバスで来たけれど、
すぐ横にある地下鉄駅で帰ることにしました。

でも、ふとこのまま帰らないで大通まで行って乗り換えて、中島公園迄行こうかな?
と思いつきました。(福住駅は東豊線、中島公園は南北線)

以前から、中島公園にある北海道立文学館に行ってみたかったのです。

乗場まで行くと、同じホームの前と後ろで1分違いで福住駅と大通を通る地下鉄が来ます。

で、この時大通りまで行く地下鉄が早く来ていたら、中島公園まで行ったでしょうが、
福住駅行き地下鉄が先に来たため、迷いながらもこちらに乗ってしまいました。

たった1分で気が変わるなんて~と思いながらも、午後からは雨の予報だったので~
とっさの判断でした。結果、雨は降らなかった~!

ちょっとだけ家に帰りたくない症候群に陥ってたのですが~やっぱり家に帰りました!(笑)





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-29 06:55 | 四季の風景

行って来ました~豊平公園

今日は、2度目のブログです~カタクリとエゾエンゴサクの群生地に行って来ました!

c0006745_16181924.jpg


家を出た時は晴れていたのですが~公園に着いたら曇空だったので、あまりいい写真は
撮れませんでした。いえ~腕のせいかも。(笑)

明日、写真を小さくしてもう少しアップするつもりですので、また見て下さいネ。





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-28 16:22 | 今日の一枚

今朝の庭

朝、晴れていると外に出て、写真を撮るのが日課になってきた。
昨夜雨が降ったようで、植物も地面もぬれていた。


c0006745_07015212.jpg
庭の隅っこに植えていたので気がつかなかったが、もう花が咲いてたミニ水仙。




c0006745_07020008.jpg

白花野サクラソウだと思ったが…似たような花が咲いているので??記憶があやふや。



昨日、スナップエンドウ豆とえんどう豆の種を蒔いた。
今日は、ツタンカーメンのエンドウ豆の種を蒔こうかな~と思っていたが、
豊平公園のカタクリとエゾエンゴサクも気になってきた。

豊平公園のホームページをを見たら、咲きだしたようだ。
お天気だったらカメラを持って行きたいが~どうしようかな?

[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-28 07:14 | 四季の風景

草木染

冷凍庫から、2年前の茹でて冷凍保存してあったヨモギを発見して捨てようと思ったが、
ふと、これで布を染めてみようかな?と思いついた。

玉葱の皮も保存していた段ボールの底に溜まっている。

よし、媒染の焼きミョウバンを買ってきて草木染をしてみよう。

と焼きミョウバンは買って来たはいいけれど、染の方はなかなか実行出来ない
でいたが、一昨日急に思い立って染めてみた。


c0006745_05585425.jpg


やはりヨモギは、古いからほとんど色は出なかったけれど、玉葱で染めたのは
きれいな黄色に染まった。(写真より、かなり明るい黄色です)

c0006745_05582674.jpg


元の色は、生成りのシーチングで、よく染まるように水洗いする。

c0006745_05584447.jpg

こちらがヨモギを煮詰めて作ったもの、写真では少しオレンジっぽくなってるけれど、
殆ど色は出なかった。


c0006745_05583669.jpg

こちらが玉葱で、かなり濃い色が出て、媒染の焼きミョウバンの液に浸けたら、
とてもきれいな明るい黄色になった。

以前、媒染の知識もなく、昔母が毛糸を染めた時、色止めに酢を使っていたように
記憶していたので、酢を入れた時は、上のように薄いオレンジ色になった。

媒染は色々あって、焼きミョウバンの他に銅媒染や鉄媒染などがあって、媒染剤に
よって色の違いが出るそうだが、まだそこまで試していない。

アイヌ刺繍をしていると、着物の古布や自分で染めた布を使いたくなってくる。

今度は、なんで染めてみようかな?104.png





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-27 06:25 | 好きなこと

ある日のランチ

毎日が日曜日のダンナさんになると、3度のご飯作りは面倒だな~と思うことがよくある。

年金暮らしだと、そうそう外食も出来ないという事もあるけれど、夜出かけるのが億劫に
もなっている。

夫は、昼は簡単でいいというから、大抵パンか、お蕎麦かうどんとかが定番である。
その代り、朝はしっかり食べるようにしている。

私も簡単で良いからそのようにしているが、私は昼食が軽いとやたらお腹が空いて、
つい間食をしてしまう。

体重計に乗ったら、2キロ増えていた。

わぁ~やばい!122.png

やはり、お昼にもう少し食べないと、夫より運動量の多い私は、身体が持たない!



c0006745_06184185.jpg

そうぶつぶつ言いながら作ったある日のランチ。
チキンサラダ・卵焼き・ミートソースで和えたスパゲティ~全部、余り物の処理~(^_-)
それにトーストを焼いて添えただけ。

これでも多いと夫。昼は、まったく小食である。
その代り、夜はしっかりご飯2膳食べたい~から、というのがその理由。
私は、夜はご飯を食べない~。

結構目でも満足感があって、この日は間食はしなかった。(トマトが欲しかった!)

余らないように、余らないように、と何でも食べのこさないように今まで作っていたが、
翌日のお昼の事を考えて、サラダを多めに作るのも必要かな~?と思ったもの。

年金暮らしになると、守りの気持ちが強くなってしまって、不用意なものは買わないとか
食品も冒険しなくなっていた。

不要なものは買わないのはいいけれど、何でもかんでもセーブすると、どこか気持ちが
ぎすぎすしてくるのに気がついた。

長い冬が終わると、いろんなことに気がつかされるもんですね。178.png


[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-24 06:57 | 年金暮らし

自家製

庭に植えている行者ニンニクが、今年は前の年より小さくて、勢いがありません。
c0006745_06352208.jpg

それでも旬を味わいたくて、一握り程採ってきました。

c0006745_06361808.jpg

庭で採ったという証拠写真。(笑)
このままにしておくと、ネギ坊主みたいな穂が出てきて花が咲き~
種が採れます。それを庭にばらまくと、また芽が出てきて、増えていきます。

でも、全部取らないで半分以上は残しておかないと、成長が良くないと聞きました。
去年、気前よくたくさん採って、お裾分けしたせいかな~?と思い当たりました。


c0006745_06353611.jpg

卵とじにしましたが、行者ニンニクは卵に隠れる程少ない量でした。
いつもの年より美味しいしという感動は、薄れてしまった。




c0006745_06460775.jpg

畑に様子を見いった相棒が、長芋を掘ってきたと持ってきました。
土がまだ凍って掘りづらくなかった?と聞いたら、雪融けで土が柔らかったので
楽に掘れたそうです。秋だと、失敗して折れることが多いのです。

c0006745_06355843.jpg

c0006745_06354620.jpg

昨日、摩り下ろして、「とろろ蕎麦」にして食べました。
これは、本当に美味しかった~!

これからは、山菜の季節。
楽しみが増えていきますね。




[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-23 06:57 | 食べること

庭の山野草(4月)

昨日は、久しぶりに暖かな日だったので午後から2時間程、気になっていた庭の掃除をした。
山野草があちこち少しずつ咲きだしている。


c0006745_06275104.jpg

福寿草



c0006745_06280168.jpg

裏庭の木の陰に咲くユキワリソウ、日陰だと花の色がきれいです。


c0006745_06280962.jpg

もう消えたと思っていたけれど、今年は咲いていた色違いのユキワリソウ。
何年か前の誕生日プレゼントに、相棒に買ってもらったもの。
今年、又咲いてくれたのは、これも思いがけないプレゼント!




c0006745_06281842.jpg

名前は忘れたけれど、去年の秋に鉢に植え替えておいたら、もう咲きだした花。




c0006745_06264091.jpg

山わさび。
毎年、採って食べていたけれど、今年は少ないので食べるのはお休みにしよう。



c0006745_06273707.jpg


そしていつの間にか花が咲いてしまったフキノトウ。



幼稚園に通いだした孫、幼稚園の門の所に来るといつも泣いていたいたのが、
昨日初めて泣かなかった!と娘からのメール。

春になると必ず花が咲くように~、幼かった子供も一歩踏み出した、と感慨無量。
春は、やっぱり嬉しい事が多いですね。

[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-22 06:56 | 四季の風景

70歳になりました~

昨日は誕生日、あがいていたけれど、とうとう70歳になりました。(笑)


c0006745_06061757.jpg
昭和60年、親の持ち家を取り壊して、新築の2世帯住宅を建て同居を始めた時、
姑は今の私より若い60代でした。

その頃の姑は、元気なのにあすこが悪い、ここが悪いと言っていて、明日にも
死ぬようなことばかり言うのが口癖でした。

でも、93歳の今も寝たきりにもならず、元気に生きています。

もちろん、去年の騒動はあったけれど、今では以前より元気で、今でも自分で
買い物にも行くし、食事の支度も自分でしています。


c0006745_06063352.jpg



それに比べ、札幌に住む舅の妹(80代)は、若い頃は元気で溌剌としていたのに~
今では見る影もないくらい老いてしまっています。

この二人を見ていると、私もあと20年くらいしか残されていないのか~と複雑な
思いにとらわれていました。

今まで大病はしたことがないのですが、元気だった叔母が見る影もなく老いて、
病気ばかりしていた姑が今も元気だという事は~
私にも明日何があるかわからないという不安に取りつかれていました。



c0006745_06060694.jpg


去年、9月に甥っ子の結婚式で会った時は元気だった弟が、暮れに突然癌と診断されました。
癌治療をするため入院したことを甥っ子から父親の弟への連絡で私にも知らされました。

弟は独身なので、家族に問い合わせることも出来ず、携帯に電話やメールをしても
返事がないので悶々とする日が続いていました。

そんなこんなで、心が平静でない状態が続いていたので、70歳を前に余計マイナス思考に
なりがちでした。


c0006745_06062578.jpg




その弟も今月の初め一旦帰ってきて、元気な顔を見せてくれたので一安心していましたが
他の病気もあってどうなるやら~と心配の種がつきませんでした。

それが、誕生日の昨日、こちらにマンションを買って5月には住みたいとメールが来て
びっくりするやら、嬉しいやら。

長女の息子にもちょっと心配ごとがあったのが、昨日大丈夫だった~と報告が来て
ここ1か月心にくすぶっていた心配ごとが、全部いい方向に向かったことが、
なによりも嬉しいプレゼントでした。

これからは、私にも何があるかわからないから、自分のために一日を大事にしながら
暮らしていこうと強く思った誕生日でした。


相棒からは、スーパーの鰻のプレゼントでした。(笑)
ホントは、今年は街の鰻屋さんの鰻が食べたいと言っていたのですが~
2~3日前長女と孫が来ていたので、励ます気持ちでお寿司屋さんに行ったのです。



昨日と今日、一日違っただけですが~70歳、それが何?の心境です。174.png





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-20 07:23 | 老いをみつめて

京料理

先日、図書館から飯田知史著「わたしにもできる京料理」という本を借りて来ました。

朝、珈琲を飲みながら、この様な料理の本をパラパラめくるのが~私の至福の時。
こんな料理を作ってみたいな~とか食べてみたいとか考えながら~。

で、一目見て、作ってみたいと思ったのが「鮃の東海寺和え」
鮃も安く手に入るし、沢庵は自家製があります。

昆布〆した鮃と沢庵で作る京料理…早速作ってみたのがこれです!


c0006745_06094669.jpg


と言っても材料が全部そろわなかったので、鮃と沢庵ときゅうりとレモンでのアレンジしたもの。
ほんまもんの味と違うかもしれません。多分、違うでしょうね。

c0006745_06095854.jpg

タラの芽や、だいだいやカボスの果汁も使うのですが~手に入らず、レモンの果汁だけ使う。

c0006745_06102023.jpg


鮃は、さいころのように切って塩を少々降って1~2時間置きます。

c0006745_06101067.jpg



次は、それを2枚の昆布に挟んでからサランラップに包み、重しをあてて冷蔵庫に2~3時間置く。
(途中写真を撮るのを忘れたので本から抜粋)

c0006745_06331191.jpg


本では沢庵の黄色、キュウリの緑、鮃の白の色合いがお互いを引き立て鮮やかでしたが、
私の作ったのは~

c0006745_06332868.jpg

どうも大雑把ですが、おもてなし用お料理としてちょこっと小鉢に盛ると良いなぁ~
と思える一品でした。
でも、食べたことがないから…ほんまもんの味が知りたいです。


東海寺というのは、寛永14年(1637)、3代将軍徳川家光の命により、沢庵和尚のために創建された
お寺で、大徳寺派の寺院だそうです。

沢庵和尚は、「たくわん」の考案者とされていますが、諸説あるとか。

東海寺和えというのは、昔から鯵や鯖を昆布〆にして、たくわんで和えた料理のことだそうで、
本来は家庭料理なのかな?と思いました。



わたしにもできる京料理―道楽十代目が伝授するほんまもんの味

飯田 知史/淡交社

undefined






[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-18 07:02 | 好きなこと

買ってはみたけれど~

前から本屋さんに行くたびに、「開脚~」と名のついた本が売れ筋に並んでいるのが
気になって一旦は手に取って見るけれど、いつも買うのは躊躇っていた。

もともと「真向法」を少しかじったので、あのお相撲さんの股割のようなストレッチが
出来るようになりたくて、時々気分が乗った時はしていた。

それが、この頃歌手の金井克子さんがテレビのコマーシャルで開脚の姿勢で見かける
ようになると、私も完全に出来るようになりたいなぁ~と気持ちが騒いでいた。


c0006745_06044916.jpg


そんな時、コンビニでこんな本を見かけて安いという事もあって、即買ってしまった。
そして、すぐ基本動作をやってみたけれど・・・・三日坊主で終わってしまった。126.png

ももともと体調が良い時、ラジオ体操の一部の運動や足のストレッチはしていたが、
開脚に向けたストレッチという基本的な動作が全くできなかった。

それと、基本動作をするだけの壁のスペースが確保できなかった!130.png



ただ、自己流でも腕の運動やストレッチをしているときは、体調もいい。

針を持ったり肩こりの原因になることをしても、あまり肩こりで苦しいという自覚が
なかった。

そして運動やストレッチをしたくなる時は、前向きの気持ちになっているし、なにより
物事を肯定的に受け止めている。
そう普段感じていたことが、「なぜ開脚が良いか」がこの本にも書いてあった。

あまり無理をしないで今までのペースでいいから、なるべく休まないで続けよう。
それで、この本も役になったことになる。


たまに気持ちが良いと感じる程度しかしていないけれど、この頃姿勢を正そうという意識が
働くのは、案外効果は出ているのかな~?と最近思う様になった。

休み休みしかしていないけれど、長い目で見ると、やっぱり「継続は力」なのかな~?





[PR]

by miqu_7cd | 2017-04-16 06:57 | 雑感