<   2017年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

しばらくお休みします。

叔母(義父の妹)が亡くなったので、しばらくブログをお休みします。



c0006745_05504835.jpg

私達は、別段手伝うこともなく葬儀に出席するだけですが~
一回り年下の義妹が亡くなったことに、義母がかなり動揺していているようで…
感情の起伏が激しくなりました。

もしかして認知症かな~?と思う症状もあるのですが、夫は絶対違うと言います。

ショックが大きいのは理解できるのですが、私達と暮らした過去のこと今の現状の
あれもこれも不平不満で正直くたびれました。

ブログを書くと私自身も「不平不満のオンパレード」になりがちなので、少し休みます。
落ちついたら、また再開したいと思います。


[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-29 07:26 | 老いをみつめて

つばた英子さんの「きのう、きょう、あした。」

この間、新札幌の紀野国屋さんに本を買いに行って、つばた英子さんの新しい本を見つけた。
でも、その時は違う本を買う目的だったので、悩んだ末に買わずに帰って来た。

c0006745_05422295.jpg
一昨日、生協に行ったとき平積みで置いてある「きのう、きょう、あした。」を見つけた時は
飛びあがりたくなるほど嬉しくなって、今回は迷わず購入。

それまで、何度か探しに来ていたのですが、まだここには入っていなかったのです。



ドキュメント映画「人生フルーツ」を見た方はいっぱいいると思いますが、ご主人の亡くなった
あとの英子さんはどうしているのかな~?と時々気になっていました。

違う出版社から出ていた「ふたりから ひとり」は、殆ど映画と同時進行で本屋さんにも置いて
あったからすぐ買って読んでいたけれど、亡くなった前後の事が中心でした。

「89歳、初めてのひとり暮らし。新しい菜園生活の始まりです。」と本の帯の文字を
読んで熱くなりました。

ひとりでも野菜作り再開したんだ~前は一日2時間していた畑仕事も、今は疲れるから1時間だけ
にしたと書いてありましたが、やっぱり偉いなぁと感激しました。

頑張っている先達がいると思うだけでも、心強いです。

ご主人が亡くなってからは空しくて、何にもしたくない時期があったそうです。
「今まで誰かのために生きていたから、その相手がいなくなると寂しいというより虚しい」
と英子さん。

でも、これではいけないと、朝起きたら1時間だけ畑仕事をするようになったら、また靴下を
編もうか~と新たな意欲を持つようになったそうです。

「手間ひま惜しんだら、もう寝たきりよ」
手足を動かしているから私は、元気だと思うと言い切る89歳の笑顔が清々しく思えました。

お洒落に生きがいを求めるのもいい、あちこち旅行をするのもいいし、趣味に生きるのも
それは、それでいいと思うけれど、私もやっぱり暮らしを中心に生きるのが好き。

全部は真似できないけど…こんな風に老いていきたいな~としみじみと感じたものです。



ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

つばた 英子,つばた しゅういち/自然食通信社

undefined


ひでこさんのたからもの。

つばた 英子,つばた しゅういち/主婦と生活社

undefined





[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-27 06:22 | 読書

久しぶりに花が咲いた~

使っていない部屋の出窓に花が咲かないから、と置き去りにしていたジャコサボテンに
花芽がたくさんついているのに気がついた。


c0006745_07270717.jpg



居間の窓辺近くに連れてきたら、花芽がどんどん大きくなって咲きだした。
こうして花が咲くのは、何年振りだろうか?


c0006745_07273291.jpg
夫の古い友人が遊びに来たとき、私にとお土産代わりに買ってきてくれたものだけど~
どうゆう訳か、その後花は殆ど咲かなかった。

この夫の友人は、私にいろいろ遠慮なく物を言うので、若い頃は面白くて歓迎していた
時もあったのだが~

姑との事にも見当違いな口出しをするので、ある時喧嘩になってしまった。
それ以来、来るのが少なくなったし、私がいないときが多い。

今は怒りも薄らいでいるから、顔を合わせたとしても、どうってことはないのだけど、
花が咲かないのが気になっていた。

捨てるにも捨てられず~手入れもしないで見えない部屋に仕舞い込んでいた。
それが、今花が咲きだしたのだ。

「もう、許してくれるかい~?」とその友人が言ってくれてるような気がした。
長年のわだかまりが、花のお蔭で融けていくような思いを味わっている。


[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-21 07:48 | 小さな喜び

とうとう雪景色~

まだ秋から冬へと、気持ちが切り替わってない朝の風景~とうとう冬が来たと実感。


c0006745_07270621.jpg

裏庭の木々も真っ白~まだ根雪には程遠いと楽観していたけれど、庭の始末が少し残っている。
急いで始末しないとなぁ~。



c0006745_07273790.jpg

裸木に積もった雪の花が遠目にもきれい。
いいカメラで撮ったら~もっとシャープかな?と思いながらも相棒の安物のデジカメラで
ベランダのドアを半開きにして写す。

朝のキューンとした冷たい空気が気持ちよく流れ込んできて、
ボケかかった脳みそにしみいるようだった…本日の朝でした。

ああ、とうとう冬になりました。


[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-19 07:34 | 四季の風景

頑張って冬支度~

一旦治りかけていた風邪だけど、気を許して友人とランチに出かけたのが、悪かったらしい。
益々喉が痛く、咳もひどくなったけれど、身体の方は元気なのでどうも変。

これで熱でも出てくれたら、大威張りで寝ていられるのにと思って体温を計ったら~
いつもより低い。(普段、体温が高い)

で、ぐずぐずしていたら漬物用に干していた大根が悪くなる、と思い漬物作りを決行しました。



昨日は、最悪の気分だったけれど、身体はよく動くのでニシン漬けをつくる。


c0006745_05250645.jpg

ニシン漬け用の大根にしては、干しすぎました。((+_+))
大根・人参・唐辛子・ショウガ・身欠きにしん(早目に糠で戻し洗って冷凍)は最初に切って用意して、
後はキャベツは大きいの洗いながら切って、それと先に用意した材料を塩と麹を混ぜながら漬けます。


c0006745_05262176.jpg

だんだん慣れくると適当になりがちなので…今年の塩加減はどうかな~?と
思い乍漬込んでいきます。






c0006745_05243124.jpg

沢庵は、初めは葉っぱを付けたまま、4本づつ縛って干していたのですが、
葉を付けておくと養分が抜ける~と聞いて、慌てて葉っぱを切りはなし、大根は紐で編んで、
葉っぱと物干し棒で干していたけど、雨が2~3日続くので、ベランダに移動する。

最近、この辺では大根を干している風景はあまり見られなくなってきました。




c0006745_05260430.jpg
沢庵は16本干して、「つ」の字のように曲がったら理想なんだけど、早くホッとしたくて、
少し早いかな~?と思ったのですが、前々日に漬けてしまいました。

沢庵と言っても昔風の糠で漬けたのではなくて、「たくわん名人」という既成品を使いました。





自家製の白菜4個、春まで持たせたくて、よく干してから新聞紙に包んで保存しました。



c0006745_05234670.jpg

c0006745_05233856.jpg
太い芯の部分をくりぬいて、そこに濡らしたキッチンペーパーを詰め1個づつ新聞に包んで
ビニール袋に立てて段ボールに入れて物置で保存。

冬の間、貴重な野菜としていろいろ重宝しています。

ここまで出来たら、12月の初めにお味噌を仕込んで、あとは大掃除をダラダラ?しながら、
お正月準備が出来そうと~やっと肩の重荷がとれたようでホッとしています。

今年も予想外の雨や雪の天気模様に~ハラハラしながらの漬物漬けでした。175.png176.png170.png 177.png174.png173.png



[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-16 06:09 | 食べること

リスからの贈り物

何日か前、畑から帰って来た夫が「畑の中から出てきた」と手の平にオニクルミ2個を持って来た。

c0006745_05144596.jpg
「クルミの木なんてどこにあるの~?」と聞くとお隣の畑にあるという。

「どうもリスが拾って、うちの畑に埋めたらしい。うちの畑を掘り起こしたら出てきた」そうです。
「この頃リスも出てくるの~?」と聞くと「畑のご近所さんがリスが来ると言ってるよ」

たった2個だったけれど、クルミを見ていたら愉快になってきた。
来年、「埋めたはずのクルミがないぞ~」とリスが騒ぐかもしれないね!、と二人で笑った。

何だかそっとうちの畑に埋めて「プレゼントだよ」と茶目っ気リスがおいていってくれたような~
童話の世界を垣間見たような気分を味わいました。


175.png176.png177.png174.png173.png178.png179.png



c0006745_05311899.jpg
(2009・5/20撮影)

白旗山を歩いていたら、ガザガザ音がする。音のする方を見たら、蝦夷リスが
ジーツと私たちを見つめていた。ちょっと怖くなるほどだ。こいつらはいい人間?
とでも言いたいのか見つめて動かない。根負けして歩き出したら、木にするする
登っていったが… 振り返ってみたら、木の上からまだジーツと見つめていた。
多分、こんなリスです!(昔のホームページより)


[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-13 05:32 | 四季の風景

虹が出た~

何気なく西側にあるキッチンの窓辺に近づいたら~見事なな虹がかかっていました!

c0006745_16341253.jpg

元気出して~と励まされるような気持ちになりました。
何かいいことがありそうだな~と期待に胸ふくらましたけれど~いいことあるかな?

[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-11 16:36 | 今日の一枚

何もしたくない~

夫が風邪ひいて、夜中になるとコンコン、コンコン~咳をするので目を覚ましてしまう。
うるさくて眠れないので、夜中の1時2時でもこの頃起きてしまう。

寒い居間でいっぱい着込んで毛布を掛けて、録画していたサスペンスドラマを見ていたら、
眠くなるかな~?と思うが眠くはならない。

いや、眠気を覚えるのだが~布団に入ると、眠れない。

そんな日が2~3日続いていたら、私も風邪をひいてしまい喉が痛いやら咳はでるわ~。

昨日、あんまり辛いので薬を真面目に飲んで本を片手に長椅子に横になっていたら~うつら
うつら…、うつらうつら…うつらうつら~と殆ど1日居眠り状態。

それでも3度の食事を作って、夕方早めに寝たら、日中あんなに眠ったから眠くはならない。
頭の中は、冬支度の事が駆け巡る。

庭にある室内に入れないといけない花がまだそのままになっているし、沢庵とニシン漬けを
漬けて、白菜もどうにかしないと~といろいろ浮かんでくるけれど、何もしたくない。


c0006745_06295679.jpg

庭には、まだ葉野菜がそのまま植えてある。
収穫して食べなきゃ~、冷凍保存にもしないと、と思うけれど…思うだけで放置してある葉野菜たち。

習い事のアイヌ刺繍も水彩色鉛筆も家での学習があるけど、それも出来ていない。
楽しくてのめり込むようにしていた趣味なのに、この頃したくない。

ああ、何にもしたくないなぁ~。

秋になったら、幾分落ち込むことが多い私だけど、通り過ぎたら~いつも、何ともないとなるんだけ
ど。今回は重症かな~?

私に風邪をうつした夫は、快方に向かっている。(^o^)/
私は、誰に風邪をうつそうか~そんなことを考えてしまいました。


明治初年、淡路島から親と共に北海道・静内に入植した兄弟とアイヌの人々との辛苦と交流を
ベースに、大政奉還、明治維新を経て明治から大正時代の日本国のうねりと人々の戸惑いが
描かれています。(稲田騒動の史実をもとにした作品)

静かな大地

池澤 夏樹/朝日新聞社

undefined


身体がしんどい時は、本を片手に長椅子に寝転がって読書するのが、私には一番の薬なんです。
昨日は、こんな本が読みたくなって、うつらうつらしながら読んでいました。







[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-10 07:30 | つぶやき

自家製かぼちゃ

今年はカボチャが美味しい! 「美味しい~、美味しい♪」と言いながら~小さめだけど、
お醤油で味付けした1個のカボチャを殆ど1日で食べてしまう。



c0006745_06262653.jpg

窓辺に置いてあったけれど、旅行から帰ってきてみたら、少し痛んでいた。
痛んでしまったから~味は悪いかな?~と思ったけれど、意外と甘かった。

夫は、醤油・酒・砂糖で味付けした「カボチャの煮物」を作ると嬉しそうな顔をする。
簡単で手がかからない一品だから、献立に困るとよく作る。

ただ、自家製のカボチャ~食べるのはいいが、だんだん数が減っていくのが寂しくもある。


[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-08 06:38 | 食べること

最後の日は、乙部温泉郷~

娘宅に行く途中、いつも温泉旅館の大きな看板を見かけ、いつか泊まってみたいなぁと
思っていました。(料理に魅かれて)

今回、「最後の日は、その宿に泊まって温泉に入りたい~」と夫に頼んで予約をしようと
HPを見たら~「部屋にバス・トイレなし」と書いてありました。

お風呂はともかく、トイレが部屋についていないのは、トイレが近い私は困る。
夜中に共同トイレに行くのは、正直怖い。

それで、江差方面の温泉宿をいろいろネットで調べたら…「部屋にバス・トイレなし」と書いてある
宿が多いのに驚きました。

超高価な宿泊費を払うところは、もちろん「部屋にバス・トイレあり」ですが…貧乏な私達夫婦
には論外~。(^^ゞ


c0006745_05243639.jpg

それで、やっと乙部町にある「光林荘」に空きがあったので、泊まることにしていました。
そして、とうとう最後の日が来ました。


c0006745_05272591.jpg

娘家族と夕食を一緒に食べて、部屋で少し休んで…孫が「温泉に入りたい」と言うけれど…
時間的に無理だったので宿の玄関でお別れすることにしました。

去年来たときは、最後の日に泣かれたので、又泣かれるかな~と気になっていたのですが、
割とあっさり(^_^)/~されたので、こっちが少しショックでした。(-_-)/~~~

c0006745_05191732.jpg

翌日の4時頃、目が覚めてしまったので、真っ暗だけど一人で温泉に入りに行きました。
ちょっと怖かったけれど、貸し切り状態の温泉に入るのは、いい気分ですね~。

2度目に入った6時頃には混んでいて、団体客らしく話が盛り上がって姦しく、いつまでも
楽しそうに話しこんでいました。

つい指を折って「早朝の露天風呂でも婆(ババ)げんき!」と下手な一句。
どこへ行ってもシニア層の女性は元気です。(^o^)/



c0006745_05264007.jpg

宿の朝食に出た「タラコ」と同じものが売店で売っていたので、美味しかったので
我が家のお土産に買いました。(冷凍・1パック:1,000円)

食事の写真も撮る暇もないほど~でしたので写真なしですが、夕・朝食はどちらも
私には美味しかったです。



c0006745_05203774.jpg

宿をチェックアウトした後は、泰安丸直売所で「ホスベーで作ったホッケの開き」を買おうと
やって来たのですが、お店はまだ開いていませんでしたので、ぶらぶら港を歩いてみました。

ここで買った旬の海の幸は、乙部町「レストラン みさき」でお刺身や焼き魚などに調理して
・時間はかかるけれど食べられるそうです。

まだ体験していませんが、いつかは体験したいと思っています。



c0006745_05225969.jpg


c0006745_05211434.jpg

c0006745_05254565.jpg



イカ釣り船でしょうか?イカを呼び寄せるランプがついています。


c0006745_05234872.jpg

このランプが何個も並んでしました。

c0006745_05251425.jpg


潮の香りは~気持ちがいいですね~。

[PR]

by miqu_7cd | 2017-11-07 06:32 | ちいさな旅