干しイモを作ってみたけれど~

さつまいもをもらったけれど~、我が家の畑でも植えているし~、食べきれない!

サツマイモの産地では、家庭でも茹でたさっまいもを天干して干しイモにする記事を
雑誌か何かで読んだことがあったのを想い出して、干しイモを作ろうと思いついた。


c0006745_04394636.jpg

でも、これは大失敗だった!

何日も干した訳でないのに、カチンカチンになって、食べれない。

本来のサッマイモの産地と空気が違うせいなのかな~?

焼いたら食べれるかもしれないと、保存してあるけれど~出番はあるかどうか?
見る度に捨てられず悩んでいる。



最近、北海道でも最近サツマイモが出来るようになった。

これは、やっぱり温暖化が原因かな~?と思う。

10年以上前に市民農園を借りて、初めて野菜を作った時も、苗が売っていたので
北海道でもサツマイモができるの?と思ったが、植えてみた。

私の小指くらいの太さのサツマイモしかできなかった。

それが、今ではスーパーで売っているくらいの太さのサツマイモが出来る。

c0006745_05194363.jpg


干しイモは失敗だったけれど、ゼラチンがあったのでイモ羊羹を作ってみた。


c0006745_04425423.jpg
これは、甘みを抑えたので失敗かな~?と思ったが、意外と美味しかった。

おやつとしてより、食後のデザートに出したら、相棒が喜んだ。

やっぱり自分で育てた野菜で作ったものは、何でも美味しいのだろう。

市販の高価なケーキやお菓子も美味しいけれど、手作りの「美味しいね!」は、
心まで暖かい気持ちになるから、不思議である。

[PR]

# by miqu_7cd | 2014-11-19 05:13 | 食べること

ニシン漬けを漬けました!

自家製の秋ダイコン、夫の都合で早々と畑から抜いてくるので、漬物用に干していたが、
そろそろ干し過ぎでないかな~、と気になってきたが何かと忙しい。

同居の姑も漬けた方がいいよ、とうるさい。

91歳のも姑は、自分の分は親戚に手伝ってもらいながら、すっかり漬け終わっている。

やっと、昨日私も重い腰をあげて、ニシン漬けと沢庵を漬け終わることが出来ました!

c0006745_06163681.jpg


夫が漬物を嫌いだったので、以前は自分では漬物は漬けないで、姑から貰うだけだった。

それが、無農薬野菜を作るようになってから、野菜の保存方法としてニシン漬けと沢庵だけは
漬けるようになった。

漬物嫌いだった夫だが、自分が作った野菜で漬けるせいか、「美味しい!」と食べるようになり、
毎年漬けるのを楽しみにするようになった。


c0006745_06164756.jpg

大根とにんじん、唐辛子が自家製です!

去年までは、キャベツも「札幌大球」という大きなキャベツを作るほど凝っていたけれど、
キャベツは農薬を使わないで育てるのは、手入れが大変なので、今年は諦めました。




3週間ほどしたら、食べられるようになります。


[PR]

# by miqu_7cd | 2014-11-10 06:28 | 食べること

笑いを誘う存在

孫は、もう持てぬものと諦めていたのに、60代の後半になってから次々と3人の孫を授かった。

長女の所には1歳半、次女の所は来月3歳なるのと七か月の全部男の孫。

世間的には高齢者と呼ばれるじいじとばあばには、孫との時間は嬉しい反面、体力もいる。

でも、一寸したしぐさがかわいくて、自然と笑みがこぼれる。

見ていて飽きないし、何よりも癒される。

c0006745_06102893.jpg
この7か月の孫、両腕を使ってハイハイを始めた。

まるで芋虫が移動するように動くのおかしくて笑ってしまう。

体重も9キロ近くあるので、抱くと重い。

でも、足をバタバタさせて、両腕を使って興味のあるものに突進するさまは、すごいスピードだ。

玩具より、携帯電話やテレビのコンセントが興味の対象なのが不思議である。

「孫は来てうれしい、帰って嬉しい」とはいうけれど、笑いをいっぱい運んできてくれる存在には間違いない。

この子らの未来が、平和で明るい社会であって欲しい、と願わずにいられないばあばです。





[PR]

# by miqu_7cd | 2014-11-02 06:27 |

いつの間にか庭も秋色に~

急に寒くなってきた~今朝は、特に冷える。

庭の手入れもしなければ~と思うけれど、この頃は腰が重い。

しなければならないことが山積みになっているのに、テレビを見たり、本を読んだり、
とだらだらしてしまう。

まぁ~、そんなときはジタバタしないで、好きなことをしていれば、また元気が出て
くるだろうから~、と焦らないようにしている。


庭に小さなキッチンガーデンを作るようになってから、3年。

葉野菜とトマトときゅうりなどの苗ものを作って年金暮らしの助けになっている。

夏は、ほとんど野菜を買わない。

秋になって、野菜の収穫が無くなって、初めて「野菜が高い!」と気がつく。

c0006745_05072226.jpg


今作っているのは、白菜と大根菜・春菊・小松菜・聖護院蕪だけど、この寒さで元気に育って
いるのは白菜だけ。

やっぱり春菊・小松菜・聖護院蕪は、秋は大きく育たないで小さい。



c0006745_05074703.jpg

白菜は、去年植えてみたら上手にできたので今年も植えてみた。

でも、孫のお守りや他のことで忙しくて種まきの時期を遅くしてしまったら、青々として
元気だけど、葉が巻くかな~?と心配になってきた。

自分で白菜を作ってみて、「こんなに美味しいの?」と驚いた。

スーパーで買う白菜と全然違う味。

欲張ってたくさん植えてみたけれど、さて、今年は白菜になるかな~?

これも小さな楽しみです。

c0006745_05134538.jpg


今年は、苗を買って植えたラッキョウも芽を出してきた。


c0006745_05375771.jpg

今年収穫したラッキョウは、去年収穫したラッヨウを苗にして、少しだけ植えたので量は少ない。

採れたてをかじってみたら~甘かった!


13年前、市民農園を借りて面白半分に始めた野菜作りも、今では暮らしの一部になって
身体を元気にしている薬と思っている。



[PR]

# by miqu_7cd | 2014-10-15 05:50 | 年金暮らし

姑も91歳に~

今月、姑は91歳になる。

今のところ、二世帯住宅の1階で暮らし、食事・買い物・洗濯・トイレ掃除は自分で
しているので助かっている。

月一回の病院通いも、一人でタクシーに乗ってさっさと行く。

頭もボケていないし、たまに病院に付き添っていくと、私の方がウロウロする始末。

外側から見たら、「元気だし、偉い!」とご近所の人に言われるらしいが、当人は
これが不満のよう。


この年になって買い物や食事の支度がしんどい、と内心思っているんだな~とは
察するけれど、私がするようになったら急激に駄目になるだろうな~と感じる。

夫の友人のお母さんは、姑とは1歳年下だけど、「おふくろがボケてきた~」と
来るたびに友人は愚痴っている。

何でも、台所をまかせていたのが、離婚した娘さんが同居するようになって、
「私がするから、お母さんはもうしなくていいよ」といたわるつもりが、
逆効果になったらしい。

私の父は、96歳で亡くなったけれど、母の死後90過ぎても自分の食事は自分で
作るようにしていた。

「賄を止めたらだめだよ~、ボケるから」と近所の人から言われたと
口癖だった。


今のところ、姑を見守るだけだけど~もうそろそろかなぁ~?と思う日と、
いやいや私たちの方が先に逝っちゃって~と夫と苦笑する日とが交差する
複雑な心境だ。

長生きっていいことなのかな~?と思う日々である。


c0006745_06084460.jpg


[PR]

# by miqu_7cd | 2014-10-09 06:38 | つぶやき

ゴーヤをもらった!

食べるのが苦手なものにゴーヤがある。

それなのに・・・・

夫が畑仲間から1本だけもらってきた~。

c0006745_06295178.jpg

どうやって食べようかな~?と一日思案していたら、小さな傷みを発見。

そう言えば~、ゴーヤは傷みが早いと聞いていた。

せっかく頂いたのだから、活用しないと勿体ない!

生のまま冷凍保存できるようだから、スライスしてまずは保存。


c0006745_06291072.jpg
時々飲む人参ジュースに、少しだけ混ぜて飲むことにしました。


苦いかな~?


と、思ったけれど意外と美味しいものでした。


今回は、パイナップルの缶詰がたくさんあるので、それを使ってみました。


ミキサーにパイナップル、バナナ、ゴーヤ少々と牛乳を入れてジュースに~
ゴーヤの苦みは全く感じないで、爽やかな味に仕上がりました。

[PR]

# by miqu_7cd | 2014-10-06 06:41 | 食べること

気持ちが落ち込んで

急に寒くなって雨の日が多くなってきた~ひと雨ごとに寒くなるこの頃。

「朝は、もうストーブをつけているよ~」とご近所さん。

我が家は、2階に住んでいるのでまだ暖房はいれていない。

でも、早起きの私はそろそろ辛くなってきた。

秋のせいかな~

何だか、この頃何に対しても意欲がわかなくなってきた。


庭の手入れも春のようにときめかなくなった。

c0006745_07044969.jpg
庭では、シュウメイギクが花盛りを過ぎて~そろそろ終わりそう。


秋は、どうしてこう気持ちが落ち込んでしまうのだろうか。

何かしないと~と思えば思うほど、気持ちがなえてしまい、まるでひきこもり。

本を読んだり、テレビでサスペンスを見る日々。

何か新しいこと始めてみようかな~?

そうしたら、また元気が出てきて、やる気がわくかしら。





[PR]

# by miqu_7cd | 2014-10-01 07:13 | つぶやき

ホトトギスの花

去年の秋に買って前庭に植えた白花ホトトギス、今年の春にも初夏にも
咲かなかった。

夏を過ぎても咲かないので、今年はもう花は見れないとあきらめていた。


それが、

先日何気なく見ると白い花がいっぱい咲いているのを発見。

でも、雨の日だったので写真も撮れず~ただただ眺めていた。

やっと、今朝は晴れ晴れとした日差しなのでカメラを持って撮ってきた。


c0006745_6292352.jpg



白花だから、もちろん白い色した楚々とした花。


c0006745_6301342.jpg


儚げだけど~可愛い花。


どんな花が咲くかな~?と楽しみにしていただけに、とってもハッピーな気持ちになりました。
[PR]

# by miqu_7cd | 2014-09-22 06:38 | 四季の風景

お手本にしたい人

すべては真似はできないけれど、私がお手本にしたい人、つばた英子さん。

名古屋市近郊のニュータウンで200坪のキッチンガーデンで野菜を育て、
小さな台所で食事や保存食を作る86歳の女性。

髪の毛は真っ白で、おしろっけのない顔はハリがあって、笑顔がとてもきれい。


ご主人と二人で暮らし、離れたところに住んでいる二人の娘さんとお孫さんを
そっと見守る可愛いおばあちゃんでもある。


初めて買った「あしたも、こはるびより。」を読んだときは、200坪の畑で野菜を
作るとは、ただただ、すごいなぁ~と思った。

次に買った「ときをためる暮らし」を読んだときは、やはり生ま育った環境や
生き方の裏打ちがあるんだ、と思った。

それは、子供の時からの思いが、今の英子さんに繫がっているんだということ。



夫と市民農園を借りて野菜作りをスタートさせて13年、今から4年ほど前、
私たちは、自宅から離れた場所に60坪の畑を持った。

舅が持っていた雑木林を譲り受け、業者に依頼して大きな樹を切り倒してもらい、
夫婦二人で木や笹の根っこを根気よく取り除いて、畑にしていった。

今は、この60坪の畑を夫一人が担当し、私は庭の片隅に3坪ほどの野菜畑を
受け持っている。

市民農園を始めたころは、ただ好奇心で、思いつくまま野菜を育てていった。

それが、だんだんと越冬できる野菜を育てたい~と思うようになって~

そして、
自分たちが食べる野菜は、自分たちで作りたい~と気持ちが動いていった。

北国なので1年の半分しか野菜作りは出来ないけれど、夏の間だけでも
自分たちで作った野菜で暮らすことに幸せを感じている。

面倒なことは嫌いで、すぐ買う暮らしが身についていたが、ゆっくり手間暇
かけたことに喜びを感じられる自分がいて、驚きながらも喜んでいる。

そして、一番辛く感じた木や笹の根っこを取り除く途方もなく長く感じた時間が
今は懐かしく、楽しかったこと。

c0006745_72952.jpg



自分流に生きてきた、と英子さん。

そしてたどり着いたのが「自分で食べるものは、自分の手でつくりたい」という思い
と、それを次の世代に伝えたいという願い。

家の中のことだけしかしていないけれど、それが喜びであり、自分流でやってきた
から年をとってからの毎日が楽しく送れるようになった、と結びにありました。


ご夫婦の本を読むたびに、清々しい思いと、お金が無くても大丈夫!と年金生活
となった私たちの力強い味方を得たようにも感じさせらせます


私も、このように老いていきたいな~といつも思っています!



あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。

つばた 英子 / 主婦と生活社




ききがたり ときをためる暮らし

つばた 英子 / 自然食通信社


[PR]

# by miqu_7cd | 2014-09-18 07:04 | 読書

ブログ内容の変更

今までDVDで見た映画の紹介だけを書いていましたが、読んだ本や思いを書いていこうと思います。



映画のジャンルを細かく設定して紹介していましたが、映画は全部「DVDで映画」に変更しました。


ブログ機能も始めた頃より、随分と変わっていて戸惑いました!


でも、新しいことを始めるのって、楽しいですね。

マンネリ気味だったブログ作成にもちょっぴり刺激になりました。


いろいろ勉強しないと、ついていけない頭脳です。
[PR]

# by miqu_7cd | 2014-09-15 06:39 | つぶやき