アメリカの森

ベトナム戦争で傷ついた心を持った人たちと天使のような少女との交流が
心暖まる映画です。

アメリカの森
/ ビデオメーカー
スコア選択: ★★★★



人里離れた森の小屋でひとり暮らす退役軍人・ジェイクの下に、
かつての戦友が小さな娘・レニーを連れてやって来る。

レニーは、ベトナム人の奥さんとのハーフだった。

肺がんで自分の命が長くないと悟った戦友が、ジェイクのもとに
彼女を置いて去ってしまう。

途方にくれるジェイクだが、レニーの天使のような愛くるしさに
だんだん愛情を感じ始めるのだった。

ジェイクの住む森の奥には、ベトナム戦争の後遺症に
苦しむ人々が隠れて住んでいた。

ベトナム戦争で傷ついた体と心に苦しむ人々の心がレニーの天真爛漫な
愛らしさで少しずつ溶け出していく…。

戦争後、人を信じる事が出来なくなった人々が、天使のようなレニーと
触れ合っているうちに、だんだんと心を開いていくのだったが……

しかし、一人の頑なまでも孤立をしている男に近づこうとして、
レニーは事故にあい、帰らぬ人なってしまう。

あまりにも人を信じすぎたレニー。

結末は、あまりにも哀れだけれど、映画って良いな~と思いました!

オススメ度★★★★ 2005年アメリカ
[PR]

# by miqu_7cd | 2008-02-29 06:18 | DVDで映画

ドレスデン

これは戦争映画ですが、反戦のイメージが散りばめられている
映画でした。

ドレスデン-運命の日-
/ ビデオメーカー
ISBN : B000V3KN9O
スコア選択: ※※※※


第二次世界大戦下の1945年1月、ドイツの東部の街ドレスデンは奇跡的に
空襲の被害を免れて美しい街並みを見せていた。

アンナは、父が経営する病院で看護婦として働いていた。

ドイツ軍は、制空権も失い敗戦の色濃かった。

次々に運ばれる負傷兵を迎えながら、薬も麻酔薬も不足している中、
アンナは恋人でもある医師の右腕となり日々激務に耐えていた。

ある日、アンナは地下室で不振な男を見かける。

後をつけていくと、男は怪我をしており、問いかけに口を閉ざして
何もしゃべろうとはしなかった。

彼女は、傷口を消毒してきれいな包帯を巻いて、食べ物を与える。

そして病院から出て行くように指示するのだが、彼は負傷兵に
成りすましてベットに横たわっていた。

連合軍による激しい空襲を受けた美しい街ドレスデンを舞台に、
戦争によって運命を翻弄される普通の人々の苦しさを描いていて、
見ていて胸の潰されそうな怒りを感じる作品でした。

当時の貴重なフィルムが随所に盛り込まれているそうで、
アンナが負傷した男にひかれていくラブ・ストーリーを
中心に家族愛・夫婦愛・反戦の思いが盛り込まれている。

ドレスデンが空襲されるシーンは物凄い迫力で、いかに
一人の人間の命が軽く扱われているか激しい怒りを感じ
ました。

2006年 ドイツ映画 オススメ度★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2008-02-28 07:44 | DVDで映画

約束の旅路

この映画は、時代背景や歴史が頭に入っていないと日本人には
すぐには理解できない作品でないかな~?

私は、はじめはかなりちんぷんかんぷんでした。

約束の旅路 デラックス版
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B000V9FRQ2
スコア選択: ※※※※※


この作品は、実際にあったことをモチーフした映画です。

1984年11月から85年1月の間、イスラエルとアメリカの指揮で
エチオピア系ユダヤ人をイスラエルに帰還するという作戦が
ありました。

これは「モーセ作戦」と言われています。

当時、親ソビエトだった政権は移民を禁じていたので、見つかると
殺される恐れがあり、秘密裏に行動しなければならなかった。

エチオピア系ユダヤ人は、ひそかにエチオピアを抜け出し、
出目を隠し、スーダンの難民キャンプまでひたすら歩いた。

スーダンでは、彼らを輸送する飛行機が待ち構えていたから。

この作戦で8000人のエチオピア系ユダヤ人が救出され、
狙撃・拷問・餓えや渇き・疲労などで命を落とした
人々は、4000人にのぼったそうです。

さて、物語はこの「モーセ作戦」によってイスラエルに渡る
9歳の男の子が主人公です。

彼は、本当はユダヤ人ではありませんでした。

彼の母親は、エチオピアのユダヤ人だけがイスラエルに行ける
事を知ると、ちょうどエチオピア系ユダヤ人の男の子が
死んだことを利用しようと考えたのです。

母親は、「行け、行って、生きて何かになりなさい」と強い口調で
彼を追い払うように、エチオピア系ユダヤ人ハナに息子を託した。

ハナは、彼に死んだ息子の名前、父親の名前、祖父の名前、
兄弟の名前を教え込みユダヤ人でないことがわかると
殺されると言い聞かせる。

イスラエルに渡った彼には、すべてが驚きの連続だった。

水さえ無造作に使われることは、理解を超えたものだった。

しかし、ハナが死に、環境に馴染めない彼は、ひとり孤独だった。

あるとき、彼は、歩いてスーダンに帰ろうとしたしたが、つかまり
連れ戻される。

それを機に、彼、シュロモは、あるイスラエル人家庭の養子として
迎えられることになった。

姉と弟が一度にでき、やさしい母親、父親が出来た。

それでも、彼の心を占めているのは、スーダンの難民キャンプで
ひとり暮らす実の母親のことだった。

彼の部屋の中央には、キリムがさりげなく敷かれていた。

ベットから抜け出し、このキリムの上に横たわるシュロモ。

いつまでもベットに寝ることに慣れないのだった。

家族がどんなことをしても、彼の心は閉じられていた。

とても切なく、シュロモの気持ちを考えると涙が止まりませんでした。

しかし、シュロモは頭のいい子供だった。

心の葛藤はあるが、徐々にいろんな言葉を覚え、自分のするべき道を
探し始める。

この映画を撮った監督は、ひとりのエチオピア系ユダヤ人の波乱万丈の
人生を聞いたことがきっかけだそうです。

エチオピア系ユダヤ人は、肌が黒い。

それに比べイスラエルに住むユダヤ人は肌が白い。

エチオピア系ユダヤ人の難しさもそこにあった。

絶えず、白いユダヤ人が正統だと主張するイスラエルの国で
生きる孤独をシュロモも抱えていた。

エチオピア系ユダヤ人の出自を辿ると、ソロモン大王とシバの女王
の末裔という話もありますが、原書のトーラ(モーセの五書)に従う
唯一のユダヤ人だそうです。

映画を通して、このような世界史を知るのも映画の醍醐味ですね!


2005年ベルリン国際映画祭パノラマ部門観客賞受賞のフランス映画
オススメ度★★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2008-02-22 06:52 | DVDで映画

サイドウエイ

この映画は、登場人物が人生にくたびれかけた中年が主人公なので、
感情的によく理解できる作品でした。

第77回アカデミー賞作品賞はじめ5部門ノミネート、脚色賞を受賞した
2004年のアメリカ映画です!

サイドウェイ 特別編
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
ISBN : B0007TW7VY
スコア選択: ※※※※



英語教師のマイケルは、小説家になる夢を捨てきれないバツイチの中年男。

彼の親友ジャックは、プレーイボーイの俳優で1週間後に結婚を控えていた。

二人は、予てから独身最後の旅を約束していたが、離婚して2年のマイケル
は、別れた奥さんが忘れられず、ふさぎがちだった。

そんな対照的な二人のカリフォルニアのワイナリー巡りとゴルフ三昧の
珍道中というお話です。

マイケルがワインマニアなので映画にはワインがいたるところで飲まれ、
ワインについてもいろいろ薀蓄を傾け、語られるので主人公は「ワイン」
かもしれない。

いろいろワインの名前が出て来て、飲み方や味わい方が説明されるけど、
あまりワインを飲まない私は興味深かった。

そして次々とワイナリーを訪問して試飲しながらグラスを傾けている場面を
見ていると、一緒に旅をしているような気分になる。

初めは、ちょっと退屈だな~と見ていたけれど、だんだん引き込まれ、
さえない男、マイケルが時々すばらしい男性に見えるのは、やはり
大好きなワインと自分が書いている小説の話をしているとき。

人間の弱さや人生の奥深さについてたんたんと描いて、時には感動し、
あるときは、ほのぼのした気持ちになります。

たまには、新作よりもこうした古い映画の感動作を見つけるのも
楽しいものですね。

オススメ度★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2008-02-19 05:30 | DVDで映画

デジャブ

久しぶりに更新しました。

すっかりブログの機能が変わっているのにびっくりです。

最近、あまりレンタルしなくなったので、このブログの更新が
滞っていたのですが、またぼちぼち書こうと思います。

さて、もう見た人が多いかもしれませんが、最近面白いと思った
映画が少なかった中で、これはばかばかしいけど楽しめた作品。

デジャヴ
/ ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
ISBN : B000PTYQZ6
スコア選択: ※※※※




デンゼル・ワシントン扮する捜査官(タバコ・アルコール・麻薬犯罪だったか?)は、
フェリー爆破の大惨事が起こった現場に呼ばれた。

現場を見た彼には、ぴんと来るものがあった。

これは、偶然の事故ではない。

何者かが計画した無差別テロだ!

大惨事が起きた場所とは違う海岸に、若い女性の焼け爛れた死体が
打ち上げられていた。

初めは、船に乗っていた乗客が流されたと考えられていたが、死亡推定
時間は、事故より1時間も前、もしや犯人の一味では?

彼女の割り出しが始まる。

と、なるわけだけど、ここで不思議な展開になる。

正義感に燃える彼に目を付けたある組織が、彼をメンバーに誘う。

4日前の現場の映像が見えるから分析して欲しいと。

これ以上書くとネタばれになるので、この辺で。

過去は変えられない…という常識を覆す物語だけど、なんとなく
「よかった!よかった!」と思えるから不思議。

一回見ただけでは、内容は把握しきれないと思う。

ゆっくりじっくり2回楽しんでください。

オススメ度★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2008-02-10 05:15 | DVDで映画

愛の叫び~運命の100日

人間は、こんなに残酷で、非道になれるものか?
押しつぶされるような心の痛みを感じる映画でした。

20世紀最大の悲劇と言われた「ルワンダ紛争」を舞台に
カナダ人ジャーナリストとホテルのウェイトレスの恋。

カナダ人のリュックはエイズ感染者の実情をドキュメント化する
仕事でルワンダに来ていた。

ある朝、彼はホテルのレストランで朝食を運んできたウェイトレス
ジャンティーユと言葉を交わす。

彼女は、母親がツチ族、父親がフツ族という複雑な環境にいた。

目がくりっとしたチャーミングな彼女をホテルの中で目にする
うち、彼はなんとなく親近感を抱き始める。

一方、ジャンティーユの方も、露骨に迫ってくる白人の中で、
いつも暖かな笑みを見せるだけのリュックにひかれ始める。

親子ほどの年齢の違いに躊躇うリュックにジャンティーユは
激しく恋心をぶつけてくる。

はじめは、ルワンダを離れる旅券のために自分に近づいて来た
と疑っていた彼も、彼女の自分への思いをとうとう受け止める。

しかし幸せな時間は、長くは続かなかった。

ルワンダの政情は悪化、リュックがルワンダにいるのも危険に
なってきた。

二人が正式に結婚していないと、彼女を連れてルワンダを出る事は
できない。

彼らは、正式な結婚証明が取れないまま、結婚指輪をはめただけで
ルワンダを出るトラックに飛び乗った。

・・・・・・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・

第一次大戦後、ベルギーの植民地だったルワンダは1962年
独立、少数民族のツチ族を中心にした国家が成立した。

ツチ族の支配に反抗した多数派民族のフツ族は、1973年
クーデターを起こす。

フツ族がツチ族を支配、ツチ族はルワンダ愛国戦線(RPF)を
組織し、ウガンダを拠点にフツ族のハビャリマナ政権に対する
反政府運動を活発化した。

1990年10月、RPFがルワンダ北部に侵攻し、内戦が勃発。

1994年4月フツ族の大領領が乗った飛行機が狙撃されたことに
端を発し、フツ族のツチ族大量虐殺が始まった。

100日間の間に国民の10人に一人、50万人が虐殺された
と言う。

リュックとジャンティーユは、この大虐殺で間を引き裂かれ、
悲しい結末となる。

ツチ族とフツ族は同じ言語を話す同じ民族だと言う。

ツチ族とフツ族間の結婚もあって、紛争中は家族間の殺し合いも
あったと聞く。

民族同士で殺戮を行ったのには、民族間の対立を煽動した
無責任な他国の身勝手さも背景にあったようだ。

ツチ族は「高貴(白人の血が混じっているというデマ)」のに対し、
フツ族は「野蛮」という劣等意識を刺激した。

日本人なら、このような虐殺はできるだろうか?と言う思いで
作品を見たが、その状況にない人間が言うべきでないかも
しれない。

願わくば二度と同じような紛争が起きて欲しくないと思うが・・・


愛の叫び ~運命の100日~
リュック・ピカール / / ポニーキャニオン
ISBN : B000OIOM5C
スコア選択: ※※※※


ジャーナリストとしての活動経験を持つ作家、ジル・クルトマンシュの
ベストセラーを完全映画化した作品です。

カナダ映画で言語はフランス語。

追憶を中に挟んで描いているので、すぐに理解ができなかった部分もあるが
最後が悲しいが救われる。

お勧め度、★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2007-07-11 07:58 | DVDで映画

ダーク・ウォーター

ホラー映画にしては、よく出来た作品だとおもったら、鈴木光司原作「仄暗い水の
底から」のハリウッド版だった。

離婚調停中のダリアは、住む家がちゃんとしていないと娘は渡せないという夫の
言い分に、安いアパートを必死で探していた。

ある日、不動産屋にルーズベルト島にある古い9階建てのアパートを紹介され
娘のセリシアと二人でそこに見に行くことにした。

ダーク・ウォーター
ジェニファー・コネリー / / 角川エンタテインメント
ISBN : B000F5FL18
スコア選択: ※※※※


そこはあまりにも古く、陰気な気味の悪い建物だった。

小学校が近いからと、乗り気なダリアに比べ、セリシアは始めは不平をもらして
いたが、寝室を見てから急に態度がかわった。

二人は、このアパートで新しい生活を始めようと決心する。

しかし、セリシアの様子が少しずつおかしくなり、誰にも見えない友人の話を
するようになり、次々怪奇現象が起こり始めるのだった。


日本映画の方は、見ていないので比較できないが、なぜ怪奇現象が起こるのか?
どうしてセリシアの様子がおかしくなったのか・・・・・日本人ならなんとなく理解できる
作りになっていると思う。

あまり内容を書くとつまらなくなるので、説明はこの辺で。

ジェニファー・コネリー主演、セリシア役の子役がダントツ可愛い。
2004年アメリカ映画 お勧め度★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2007-07-01 05:59 | DVDで映画

デス・パズル

一人の男が走るトラックの前に飛び込み自殺を図った。

彼の遺体から、「自殺のようでも、これは他殺だ」という奇妙な
告白がテープに残されていた。

「29年前、小学校の同級生は32人だった。」とテープで男は
何度も繰り返しているが、残されたクラス写真は33人。

29年前、クラスの一人の女の子が殺された。

イギリスの小さな街で起こったその事件が始まりだった。
同じクラスだった人間が、一人二人と不可解な死に方をしていた。

ただの自殺だから、管轄外で起こった事件に首を突っ込むなという
上司に反発して、モンロー刑事は、自殺した背景を調べ始める。

ただの自殺と思えないモンロー刑事は、納得できるまで調べようと
男の出身地まで行って、クラスメートの一人、女医に会う。

デス・パズル
ロバート・カーライル / / ポニーキャニオン
ISBN : B000MRA8TY
スコア選択: ※※※※


イギリスの派手さのない、淡々とした描き方が重みのある出来映えにして
いると思うが、モンロー刑事を過去に囚われている人嫌いな人物に仕立ているが、
その部分をきちんと描いていないので、作品全体を中途半端にしていると感じる。

犯人が、どうしてそうなったのか?も説得力がなく、見終わったあと消化不良の
気分になったけど、謎解きの面白さは楽しめます。

期待度に比べて、ラストがイマイチ。

それでも、もう一度見ようかな~?と思わせるものはあるから、
お勧め度は★★★★

2005年のイギリス映画 出演:
ロバート・カーライル/ダニエル・メイズ/クレス・スキナー/アントン・レッサー/ピップ・トレンス
[PR]

# by miqu_7cd | 2007-06-15 12:26 | DVDで映画

母たちの村

この作品は、アフリカのイスラム教を信じるとある村での出来事を
描いています。

今なおアフリカや中東で残っている風習「女性の割礼」について、
母親たちが「割礼反対」と立ち上がるまでのお話です。

母たちの村
ファトゥマタ・クリバリ / / エスピーオー
ISBN : B000K0YH9U
スコア選択: ※※※※※


ある朝、コレの元に4人の少女たちが「保護」を求めて飛び込んできた。

「コレおばさん、切られるのいやだ」少女たちは恐怖に怯えていた。

コレは、割礼を受けたばかりに2人の子供を流産し、娘アムサトゥの出産の時は、
帝王切開になり、苦しく辛い思いをしたので、アムサトゥには割礼をさせなかった。

その日、6人の少女が割礼されることになっていて、2人は村の外に
逃げ出し、コレが娘を割礼させなかったことを知っていた4人が彼女に
助けを求めてやってきたのだ。

コレは、彼女たちを「保護」する決意をし、入り口に縄を張り、
「モーラーデ=保護」が始まった。

コレが辞めると宣言しない限り、勝手に彼女たちを連れ去る事が出来ない
彼女たちの村の風習だった。


つい先日、毎日新聞でこのような風習があり、女性たちが苦しめられて
いると知ったばかりの私は、胸を押しつぶされるような思いで見ました。

男性の割礼は、衛生学的な意味合いもあるそうですが、「女性の割礼」は
昔からの宗教的な意味合いの風習という風に言われていますが、まったく
男性側の身勝手な言い草・・・「女は快感を得てはならない、浮気封じ」など
の目的とか。

村にラジオやテレビが入り、外からの情報が女たちにも届くようになり、
いかに「女性割礼」が野蛮で、男たちの勝手な言動であると目覚める
女性たちの勇気ある戦いを明るく丁寧に描いている。

男は4人までの妻を持つことが出来るイスラム教。

この物語の主人公コレは第2夫人であり、娘アムサトゥは村長のフランス帰り
の息子と婚約していたが、割礼を受けない娘は「ビラコロ」と呼ばれ軽蔑され、
娘の結婚相手の親・親戚たちの猛反対に合いながらも動じないで「保護」を
貫くのでした。

キャストは主にブルキナファソで選ばれ、コートジボアール人や、マリ人、ブルキナ
ファソ人など一般の人たちも参加したそうです。

セネガル南部のカザマンスで生まれたウスマン・センベーヌ監督の思いに、現地の
人々が協力し、アフリカ人によって作り上げたアフリカ映画です!

女性たちは生命をうむ・・・・・最後の歌の歌詞が印象的でした!

オススメ度★★★★★ 
[PR]

# by miqu_7cd | 2007-06-04 07:47 | DVDで映画

トランスアメリカ

肉体的には男であることを隠して、女性としてつつましく暮らすブリー。

整形手術を受け、ホルモン剤を飲みながら表面上は、まったく女性だった。

しかし、彼女は、最後の決意をひそかにしていた。

生殖器の手術を受け、完全な女性になることだった。

そんなところに、突然警察から電話が入る。

「息子を引き取りに来い」。驚き、慌てるブリー。

トランスアメリカ
フェリシティ・ハフマン / / 松竹
ISBN : B000FDK9TY
スコア選択: ※※※※


散々考え悩んだ末、教会の派遣だと偽って警察に行ったブリーは、
彼の話と17年前の記憶から確かに自分の息子と確信する。

息子は、トビーといい、男娼をしながらすさんだ暮らしをしていた。

ブリーは、父親であることを隠して、嫌がる彼を育ての親の元に
送り届ける旅に出る。


男でありながら、感情は女。

女として生きることの方が自分らしく生きれた。

そんなブリーの切なさ、悲哀が、時にはユーモラスに、
時にはリアルに描かれています。

父親と名乗れないまま、父息子のニューヨーク~LA間を車で大陸横断の旅。

はじめは、ブリーをけったいな教会のおばちゃんのように感じていたトビーだが、
だんだん心を開き、ブリーにある種の信頼と魅力を感じはじめるのだった。

かなりリアルに描いているので戸惑う場面もあるけど、ブリーの
「性同一性障害」を真正面から向き合ったすばらしい映画です。

オススメ度は、★★★★
[PR]

# by miqu_7cd | 2007-05-31 06:40 | DVDで映画