そもそも~

介護認定の面接を受けることになったのは、月1度通っていた病院の担当医が院長を
しているクリニックの訪問診療に切り替えることにしたのがきっかけでした。

ケアマネージャーさんが来て、いろいろシステム・料金など事前に説明を聞いたとき~
介護認定は受けていないので、すぐ使わなくても受けた方がいいと言う事でした。

当人にしてみれば、早くからいずれ訪問診療にしたいと私に話していたとはいえ、
耳が遠いので、すべての話が聞こえないから不安になるんだと思うのです。

でも、補聴器があるから付けて話を聞いて下さいと言っても断固拒否、壊れているとか
電池がすぐなくなるとか、いろいろ理由をつけて補聴器は付けません。

だから、大半の説明もいい加減に聞いてるらしく、なぜ介護認定を受けるかも理解して
いない様なのです。

傍に座って時々説明するんですが、その時はわかったと言うけれど、後になって耳に
口を近づけてゆっくり話してくれないから、わからなかったと怒るのです。

新しい事を受け入れる不安、恐れ、意図しない施設に預けられるかもしれない等々、
いろんな疑いで渦巻いているんだとは思います。

今回、訪問診療に切り替えようと思ったのは、馴染んだお医者さんが往診に来てくれる
と思っていることと、明るく気さくな医師に好感も抱いているからでした。

月2回訪問診察してくれて、薬も届けて貰えるし、当人に薬の飲み方や疑問にも答えて
貰えるので、人と接する時間も増えます。

一日24時間、365日体制なので、こちらも気軽に相談できます。

先日、1回目の訪問診療の日でしたが、通院の時よりもゆくり時間を取ってくれるので
いろいろ話も出来るので少し気が楽になりました。

その都度立ち会う必要もないし、何かあったらこちらから電話しますと言ってもらえて
一つ肩の荷が降りたようでホッとしています。

医師から介護認定が通ったら、デイサービスに通うのもいいですね、と言われたときは
「私はあんなところ嫌いなの。お友達から聞くけどただ座っているだけと言ってる」

医師は苦笑しながら「あ~嫌いですか?」と軽く受け止めると、さらに嫌な理由を続けて
述べるので、通院では見せない態度に気がついたようです。

本来なら歩けるうちは通院した方が良いようですが、93歳という年齢を考えて受け入れて
頂きました。


c0006745_05291311.jpg

新しいことを受け入れるには、喧嘩があっても仕方ないかな?とそんな感想を抱きまし
たが、うちは今まで争いのない穏やかな家庭だったのに、あんたがぶち壊したと言わん
ばかりの口調でした。

夫にそうだったの?と聞くと「何を言ってる!週の半分は夫婦げんかしてた」そうです。
自分に都合の悪いことは、全部忘れてしまうものなんですね。


[PR]

# by miqu_7cd | 2016-12-02 05:31 | 老いをみつめて

介護認定の面接の日に~

姑の介護認定の面接日のことなど色々書いて、写真を取り込もうとしたら、
書いたことが全部消えてしまいました。

これは、書かない方がいいことなんでしょうね。



姑の気持ちに添いたいと思いながらも、その頑固さに辟易してしまう。

同居したのは、私達に騙されたと言う。

お父さんも死ぬ前に騙されたと言っていた。

若いころから苦しくて苦しくて~私の辛い気持ちわかるかい!

同居してから、友人と海外旅行に行ったこと、日本のあちこちを観光した
こともすっかり忘れているのだろうか?

舅が買え買えと言ったから買ったけど、嫌いなんだ~という服がいっぱいある。

年金は、普通の人より多めの金額を貰っているけれど、少ないという。

不平、不満のオンパレード。



c0006745_06571061.jpg







斎藤茂太さんの「捨てる 思い切る で人生が楽になる」を読んでいたら、
頑固を捨てると天命がまっていると書いてあった。

そして今に不満があると昔の嫌な事が忘れられない
「過ぎて返らぬ不幸を悔やむのは、さらなる不幸を招く近道だ」
とシュークスピの言葉と引用してあった。

まさに姑を見てるようだ。

みんな、多少の不満に目をつぶって暮らしているのに、姑はすべて不満のようだ。
暗い気持ちになるけれど、もしかしたら認知症の始まり?とも思った。



[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-30 07:22 | 老いをみつめて

初めての水彩色鉛筆

ちょっと恥ずかしいけれど、生まれて初めて描いた水彩色鉛筆画、100円の材料でこんなに出来る
ことお知らせたくてアップしました。下手ですけれども、描けたの嬉しくて~emoticon-0115-inlove.gif

c0006745_06583284.jpg

100円ショップで買った水彩色鉛筆と水を入れて使う筆、スケッチブックは文房具屋さんで買って、
図書館で借りた「水彩色えんぴつ」石川道子さんの本を手本にしました。

絵手紙をしたかったんだけど、筆の持ち方が馴染めなくて(一回で諦めた~)、いろいろ模索して
いたけど、私にはこの水彩色鉛筆が何だかしっくりる様な気がします。

c0006745_06584306.jpg

下の余白に言葉を描いて遊んでみました。

c0006745_06585250.jpg
こっちは、お手本にした本で、とてもわかりやすく描くポイントが説明してあるので、
初心者向きに良いと思いました。

描いていると、子供の頃のことが想い出され、勉強しないでよく漫画絵かいていたな~
などと、それも楽しい時間でした。

長く続けたくなったら、ちゃんとした水彩色鉛筆を買うつもりですが、100円でも意外と
描けるものです。


いつも一緒!水彩色えんぴつ

石川 道子/河出書房新社

undefined


60歳の手習いです~四捨五入して70歳の手習いかな?
新しい事始めるの楽しいですよ!

[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-27 07:16 | 好きなこと

お日様から元気をもらう

昨日の朝、パソコンに向かっていたら、7時少し前に窓が急に明るくなってきた。
曇った日が続いていたけれど、久しぶりに太陽が顔出したらしい。

c0006745_05473278.jpg

キッチンのブラインドを開けると、太陽が燃えてるように輝いていた。
ちょうど真向かいにあるアパートの窓ガラスに写った太陽だった。

こんなに早くから日がさすのは珍しい。

曇った寒い日が続いていたので、気が滅入り、意欲もわかず最低限の事しかしないで、
ごろごろソファに寝そべって本ばかり読んでいた。

それなのに、昨日はやけに朝から元気がいっぱいで、やる気が出てくるから不思議。
こんなにお日様って、人間の身体や心に影響を与えるんだ~と改めて気がつく。


c0006745_06033025.jpg
午前中は、予定外の白菜の麹漬けを作って、午後からは図書館に行って、ついでに
髪を切ってきた。

でも、午前中は暖かかったけれど、午後からは日が陰り寒くなってしまった。
短く切った襟足が寒い~と思いながらも、気持ちは軽かった。


麹の袋に白菜の麹漬けの作り方が載っていたので、ちょうど麹が残っていたし白菜も
あるので作ってみました。

ああ~、またまたドジをしてしまう。

白菜を切って洗って、さぁ漬けようと作り方をよく読んだら、2日ぐらい干すと書いて
ある。でも、最初に干したから、まぁ~いいか~、といい加減。

ちょっと心配になってネットで調べたら、下漬けをしてから、麹に漬けるらしい。
ま、失敗に学ぶというから、いい経験をしたと思う事にしよう。

体調不良というのは、お天気のせいもあるんだ、とつくづく感じた日でした。






[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-25 06:19 | 雑感

北海道の味

のびのびになっていたニシン漬け、20日の日曜日には漬けようと考えていたけど、
その日は孫を連れて長女がやって来た。

孫が来たいと言われると、ばばバカ丸出しで「おいで~!」と言ってしまう。


c0006745_02505232.jpg
やっと、昨日漬けることができました。ちょっと麹が多かったかな~?
大根と人参、唐辛子が自家製です。



c0006745_02510561.jpg
キャベツは、毎年札幌大球という大きなキャベツを使うことが多かったけど~
いいのが売っていなかったので、今年は寒キャベツを使用。




c0006745_02511675.jpg
上の写真は、何年か前に作った札幌大球ですが~キャベツは、無農薬では管理が大変なので
最近は自家製を使うのは諦めました。


これで冬の準備がまた一つ終わったと、ホッとしています!



[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-24 03:12 | 食べること

秋のフキ

少し前の話ですが、書きたいな~と思っていましたので、今日アップしますね。

馬遅伯晶さんの「食べものが命をつなぐ ささやかな心がけで気がつけば101歳」
という本を読んでいたら、日本人は春しかフキを食べないが、中国では四季を
通じて食べ、秋が一番旨味が増すという個所があった。

うちの裏庭には、実家から持って来た京ブキが植えてあって、春に採って食べた
後も次々と芽をだし、絶えることがないので邪魔くさい~と思っていた。
フキさん、ゴメンね。

夏の終わりころ、雨上りの後草取りをしていて、フキを手に取ってみると柔らかそう。
でも、その時は、まだこの本を読んでいなかったので、時期的に食べれないと思った。

後日、この本を読んで、慌てて庭に飛んでいきましたよ~♪emoticon-0104-surprised.gif


c0006745_05555379.jpg
数本のフキを採り、ゆがいてから煮物にして食べましたが、フキの味はしたがやはり固い。

中国料理は強火で炒めるから、固くても美味しく感じるのかな~?とは思いましたが~
土も違うからかな~?

やはり、日本では春のフキが一番美味しいようです。

ちなみにこの馬遅伯晶さんは、中国ハルピンの実業家・遅家に生まれ日本に留学した
経験もある、結婚後日本で料理研究家として活躍している方です。

c0006745_05572780.jpg

読んでいて、成程な~?と思える個所がいっぱいあって、時々読みかえしています。

年を取って困ったなと思ったことは、まったくありません。
昔より成長したところを感じていきたいのです。
私は“老いた”のではなくて“成熟”しただけです。

ここを読んで、頭をガーンと叩かれた思いでした。

老いをマイナスと考えないで、成熟と考える~心の成熟でしょうが、
そう思うとまた視点が違って人生も面白いかしれませんね。

名前にどこかで見た記憶があるので、本箱を探して見つけました。

結婚した時、実家にあった馬遅伯晶著「独習シリーズ 中国料理」を貰ってきて、
料理の経験も浅い私が、この本を見ながら一生懸命中国料理を作ったこと~
いろいろ想い出されました。

縁て不思議ですね~こんな形で、また出会いがあるなんて。
昔の恩師に出会ったような嬉しさを感じました。




[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-21 06:29 | 読書

薔薇の名前は~「伊豆の踊子」

初めて買った薔薇で、春だけの一季咲なはずが、寒い冬に向かってまた蕾を付けていた。

c0006745_06203455.jpg


どうしてこんな名前がついたのかな~?と前から不思議に思っていたけれど、
切り花にして室内にいれたら、何とはなしに伊豆の踊子のイメージを感じる。




c0006745_06204414.jpg

伊豆の踊子は、美空ひばりさんや山口百恵さんが演じていたけれどこれは百恵さんの
イメージに近いかな~?


花って明るい太陽の下でしか咲かないと思ったけれど、日陰の寒い季節でも
蕾を付けている様子を見ると、不思議に思う。

寒くて辛くても、命ってたくましいんだよ!と言われたような気がした。
逞しく生きなくちゃね。emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gif

[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-19 06:42 | 四季の風景

たくわんを漬ける

昨日、重い腰をあげて、やっとたくわんを漬けることが出来た!

c0006745_04454827.jpg

干すのが遅くなったのと、思いがけない雪や雨で、大根はほとんど「つ」の字のように
曲がらなかったけれど、もうしゃないと覚悟を決めての大決行だった。


c0006745_04455970.jpg
たくわんと言うけど、「たくわん名人」という規制のものにザラメと塩を混ぜただけで、
糠は使っていない。(原材料は、米・麹・食塩・ウコン・唐辛子)

去年だけは糠と塩で作ってみたが、時間が経つと色が変わるので、「たくわん名人」に
戻すことにした。

c0006745_04460949.jpg


長年、この「たくわん名人」で漬けていたのだが、ウコンの味が気になるので、
去年は糠と塩だけで漬けてみたけれど、やはり何でも一長一短がある。

漬けてから2~3週間ぐらいで食べれるはず。

後は、ニシン漬けだけだ~~emoticon-0169-dance.gif


前日、叔母から「何度も電話したらしいけど留守してたから、夜遅く電話したら~
義姉さんが、買い物に行きたいというんだ。だから明日行くから~」と電話があった。
あ~、又始まった~と思ったけれど、「宜しくお願いします」と、私は言った。

朝、食事を持って行ったとき、「今日、〇〇ちゃんが来ると言うんだ。」と困り顔。
「そこでパンでも買うからお昼はいらないよ!」と言う。

あれあれ~昨夜、明日からお昼はいらない、朝と晩だけでいいからと言ったのは??
自分から電話して叔母を呼んだのに、相手が勝手に来るようなことを言う。

きっと、食べたいものを買うよう頼んだのでは~と思ったけれど、いつも叔母は
「いいんだよ、私は~そうかい、そうかい!って聞いてるだけだから・・・」と
言ってくれるから甘えることにした。

私も「そうですか、そうですか」と言ってれば上手くいくのだろうな~と思うけれど、
もうできなくなってしまったし、したらしたで私の身が持たない。
気持ちがこじれて、もう優しい気持ちを持つことも出来ない。

だけど、パン屋さんに行ってパンを買ってきてと頼んだら、買って来るのに!と
心の中でプンプンしたけれど~emoticon-0112-wondering.gif

叔母が相手をしてくれることで、姑も気分転換できるだろうと思う事にした。










[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-17 05:38 | 食べること

マルメロ

「今年は、小さいのしかできなかったけど、奥さんにあげて!」と畑のご近所さんから夫がマルメロ
を貰ってきた。

c0006745_06105777.jpg
それを見て、絵にかいてみたないな~と思って100円ショップで4Bの鉛筆を買ってきた。

物を見て、絵を描くという事は久しくしていないので、マルメロのごつごつ感もうまく
描くことが出来なくて、卵みたいな円しか書けなかった。emoticon-0101-sadsmile.gif

でも、何だか妙に楽しかった!

毎年、畑のご近所さんが作ったマルメロを頂くが、食べれないけど、部屋に置くと香りが
いいからと聞いていたので、腐るまで部屋に飾っていた。

でも、ふと思いついてネットで調べると、ジャムやマルメロ酒にするといいことがわかった。

いつもは生まれたての赤ちゃんの顔より少し大きいくらいのマルメロだけど、今回は手の平に
収まるほど小さい。

35度の焼酎があるからマルメロ酒もいいなぁ~、何でも風邪予防や咳止めに良いそうだ。
ちょっとわくわくしてしまうが、マルメロの歴史はもっとワクワクするロマンがあった。

マルメロは、バラ科マルメロ属、西洋かりんとも呼ばれ、中央アジアやトルキスタン
あたりが原産地だそう。

古くヨーロッパに伝わり、古代ローマ時代に栽培されていて、アメリカ大陸発見後に、
移民によってアメリカに渡っていった。

日本には、1600年年代にポルトガルから長崎に伝来されたと言われている。

希望に燃えて新天地へ向かう移民の人たちが、荷物の中にしのばせたマルメロ~かと
考えると、部屋の隅で腐らせるのは、なんて勿体ない事をしてたのだと反省。

ヘタでもいいからもう少し描いて~マルメロ酒にしよう!emoticon-0102-bigsmile.gif



[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-15 06:41 | 小さな喜び

かぼちゃ三昧

姑が入院していた1週間、義妹や叔母が帰った後の寝具類の洗濯や後片付けに追われ、
また自分たちの旅行の後片付け、そして病院からの呼出しなどに、ほとんど時間をとら
れていた。

そのため畑から収穫したあと、何日もベランダでゴロゴロ転がっているカボチャを
横目で眺めながらも何もできないでいた。

夫は、自分の母親の用事で忙しくしている私に遠慮しながらも…「カボチャのスープが
飲みないな~」と小声でつぶやく。

んもう~と内心毒づきながらも、せっかく作ったカボチャが悪くならないかな~と私も
心配もしていたので、思い切って全部塩ゆでにして冷凍保存する事にした。

c0006745_06200123.jpg
収穫は、ミニカボチャ3個に大きいのが2個あり、他にもらい物の大きいカボチャ1個~
やっぱり全部を処理するのは無理だった!

c0006745_06212513.jpg
丁度カボチャを切ってる時に弟夫婦が来たので、大きいの半分貰ってもらい~
もらい物の1個だけは後で始末する事にして、これも半日がかり。

でも、お昼にカボチャ餅にして食べると、労働の後(笑)だけに、すごく美味しい!emoticon-0162-coffee.gif

残りは、カボチャの塩ゆでのままと、つぶして牛乳を混ぜてから冷凍保存にした。


c0006745_06214284.jpg
いつもは、お醤油で味付けしたカボチャの煮物を作るけれど、塩ゆでだけでも美味しい。
しばらくは、塩ゆでを愉しんで、あとは夫念願のカボチャスープを作る。

昨日のお昼、食パンを焼いてマーガリンを少しぬり、小皿にもらい物の手造りジャムを入れて、
カボチャスープとみかん1個を退院したばかりの姑に出した。

家に着くなり、姑の口から出たのは「お昼はどうするの~?」なの。
今回の入院騒動は、食べすぎもあったので、私の頭から湯気が出そうでした!emoticon-0121-angry.gif







[PR]

# by miqu_7cd | 2016-11-13 06:57 | 食べること