タケノコ採り(笹の子)

今年もたくさん採って来てくれました~5月の山菜「タケノコ」と私達は呼んでいる笹の子です。


c0006745_06063650.jpg
c0006745_06064451.jpg


毎年採りに行ってる白旗山~私も前は同行していたのですが、ここ数年行っていません。

畑で大スズメバチに刺されたことがあって、その時行った皮膚科で又刺されたら、次回から
はうちに来ないで、救急車を呼んで大きな病院へ行って下さいと言われてしまいました。

山で刺されたら~救急車が来れなかったどうしよう~?と思うと怖くなって~山も畑も行け
なくなってしまいました。



c0006745_06065689.jpg
我が家の定番、ちょうど今ごろは銀鮭が旬なので、タケノコと炒め煮して食べるのが好きです。


c0006745_06071143.jpg
本当は、瓶詰にして保存したいのですが~私は毎年失敗してしまいます。

細切りにしてお砂糖をまぶして冷凍保存する方法を知ってからは、もっぱらこの方法で保存
しています。今年は5袋出来ました。

採ってきた当人は、5袋出来たのを眺めて~しばらく楽しめるなぁ~、と嬉しそうでした。




155.png風邪をひいて、今は咳だけだけど~食欲がなくて何を食べても美味しくない日が続いて
います。

お日様が顔を出す日も少ないからか~風邪も治ったと思ったらぶり返し、身体は特にこわいわけ
でもなく、薬を飲んでるせいか、ソファに寝転んでウツラウツラしてばかり。

5月病かな~なんて思い乍……ウツラウツラ……なまけ病にかかったみたいです。


[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-26 06:37 | 食べること

大通り公園を歩く

一旦治ったと思った風邪、咳だけは残っていたのですが、寒い雨の日に出かけたあと、
また熱を出して二日ほど寝込んでしまいました。

昨日は、体調もよく咳も随分収まったので、絵の友人と教わっている先生の生徒さん
たちの展示会に行って来ました。

私達も出すのを勧められたのですが~まだ自信がないからと、出しませんでした。
でも、友人はすごく上手なので出したらいいのになぁ~と思いましたけど。



c0006745_06302936.jpg

三越前から大通り公園の中を歩いて、資料館のある大通西13丁目までのんびり歩きました。

丁度、ライラック祭りの開催中だったので、途中には食べものコーナーが出来ていて、
いい匂いが鼻をくすぐります。

でも、思ったほど混んではいませんでした。


c0006745_06301577.jpg



札幌の街は、やっぱりライラックが似合うな~と思いながら、歩きましたが、
お喋りに夢中になり、写真はあまり撮れませんでした。



c0006745_06304237.jpg

ここが札幌資料館で、大正15年(1926年)に札幌控訴院として建てられた建物で、札幌軟石を
使って建てられています。

札幌軟石を使った建物は、全国的にも貴重なもので、平成30年(2018)3月には札幌市有形
文化財に指定されています。

昭和48年(1973)11月3日、裁判所の移転に伴い札幌市資料館として開館しました。

絵を見た後は、イタリア料理「ソース」でランチを食べることにして、又三越方面に歩きました。
南1西1-13-4 東急スティ1F ソース すごく雰囲気のいいお店でした。
ランチベーシック:1,280円(税抜)~サラダ&飲み物バー付きを頂きました。



会ったことのない絵の先輩たちの絵を見て、いろいろな発想があるんだなぁ~と感心して
しまいました。

友人から水彩画やってごらんと勧められたけれど…しばらくは基本のデッサンをきっちり
学んでみたくなりました。

一歩、一歩ゆっくりで良いから~進んでいきたいと思いました。



[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-24 07:19 | 好きなこと

リラ冷え

今、札幌ではライラック祭りが開催されていますが、生憎と雨の日が続き~
おまけに急に冷え込んで「リラ冷え」の日が続いています。


c0006745_06520394.jpg
リラ~ライラックのことで、5月の中旬~下旬にかけて気温が上がるはずなのに
急に冷え込む日のことを札幌では「リラ冷えだね~」と言っています。

これは、作家の渡辺淳一さんが書いた「リラ冷えの街」から昭和後期になってから
一般的に使われるようになったと記憶しています。

その前から、俳句の季語としては使われていたそうです。


渡辺淳一さんの「リラ冷えの街」は、札幌が舞台の小説でテレビ化もされています。
昭和46年頃の作品で、何度か読んだ記憶はあるが…内容は忘れてしまった。

確か、テレビでは岩下志麻さん、津川正彦さんが共演していたのではなかったのか?
昭和の記憶は遠く、遥か彼方へとなってしまったことに、今更ながら気がつく。





[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-19 07:12 | 今日の一枚

北大構内散策~

一昨日、友人と前から約束していた北大キャンパス散策に行って来ました~。
ここは、一般人も自由に出入りできるので、四季の景色も楽しみな場所。

地下鉄北12条駅で待ち合わせして~行きたいところのメインは博物館を見学、
農学部で育てた野菜のレストランでランチをすることと、もちろん散策も。

c0006745_05484558.jpg

構内に入って一番先に目に入ってきた枝垂れ桜~とてもきれいでしたが、
写真ではイマイチですね~。とても見事でしたよ。



c0006745_05504173.jpg

次に目に飛び込んできたこの植物、なんだろう~?と言い合っているうちに
想い出しました~越冬したルパープです。

前に一度植えて、雪が解けた場所にとんでもなく大きいルパープを見て、
驚いて抜いてしまった事を想い出しました。




c0006745_05533314.jpg
至る所に花が咲く木々が見られます~後ろのレンガ造りの建物が、博物館だったかな?((+_+))
間違っていたとしてもこのあたり。(正確な名称は、北海道大学総合博物館です)


c0006745_05540343.jpg

博物館の前には、こんな立札が~!これが目印です。


c0006745_05542685.jpg
真向かいの自転車置き場の向こうにも桜並木がきれいでした。


御存じの方も多いと思いますが、北海道大学の前身が北海道農学校で、その時代から収集・
保存・研究されてきた400万点にものぼる標本や資料が、この博物館に保存されています。


c0006745_06103562.jpg


私は、アイヌの着物が展示されていないかとの期待を持って博物館に行ったのですが~
ミュージアムショップに1点だけ展示されていました。

これは、チジリという文様で日本語「ツヅレ」の転化だそうです。
フランス刺繍のように糸で文様を刺繍しています。


c0006745_06105141.jpg
これはタベストリーで、ルウンべと呼ばれる文様で、
テープ状に切った布を下絵の上から縫い付けて刺繍を施したものです。



お腹も空いてきたので、一番の目当てのレストランに行く事にして、博物館を出ました。


c0006745_06171673.jpg

大学構内には、川が流れていて、古い大学内に川が流れているのは、北大だけだそうです。
昔、昔、この辺りはアイヌが暮らした痕跡が残っていたとか。
幼稚園児か小学生かな~河原で遠足かな~?キャンパス内は、のどかです。


c0006745_06284024.jpg

今は市の水道局から水の供給を受けて流れていますが、1950年頃までは
天然のわき水が集まった清流だったそうです。



c0006745_06325500.jpg

レストランのある場所がわからなくて、学生さんらしき人を捕まえては聞いて歩いて、
やっと見つけました~北大マルシェ。



c0006745_06335025.jpg

奥に見えるのが北大マルシェの建物です、前を学生さんも歩いています~
ああ…お腹が空いた!と期待感いっぱいで中に入ると……
マルシェの前に「本日休業」の文字!がっくり。

「ただいま放牧中です~!」え~えっ、放牧中?これジョークかな?

12時に待ち合わせして歩いたので、もうお腹がぺこぺこでした。




c0006745_06401919.jpg

建物に入る時は気がつかなかったのですが、キャンパスを流れる川について
こんな案内図がありました。
(キャンパス内を流れる川の名前がサクシュコトニ川です)

北大マルシェでお昼を食べそこなった私たちは、札幌駅まで出ることにして
出口近くのインフォメーションに立ち寄ってみました。


c0006745_07015725.jpg
c0006745_07054531.jpg
インフォメーションの前にオオバナノエンレイソウが植えられていました。
北大では、この花をデザイン化して校章としているそうです。



長くなりましたが~この日、行ったランチのお店は~前にも行ったことがある「えりも停」


c0006745_07230641.jpg
c0006745_07234780.jpg
c0006745_07240808.jpg
ランチセット:1,400円(税抜)
札幌駅北口→えりも亭


[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-17 07:24 | ランチ食べ歩き

庭の山野草たち

我が家の庭でもいろいろな花が咲きだしました~その中で見て欲しい山野草です。

c0006745_05331570.jpg
これは、頂きもののイカリソウ~黄色い色もありますが、ピンクの花が一番華やかです。


c0006745_05540417.jpg
これも頂いたイチゲ…葉の切れ込みが深いからキクザキイチゲかな~?


c0006745_05541588.jpg

ちいさな山野草を頂くうちに、義父が残した庭に合うように~と私も意識して山野草を探すよう
になってきました。これは、自分で買った台湾梅花カラマツ。




c0006745_05330458.jpg
これは、畑から持ってきたコスミレ、あちこちに増えて群生しています。



c0006745_05322483.jpg
黄色い花は、頂きもののキバナイチゲと、岩の向こうの隅の緑は行者ニンニク。



c0006745_05323966.jpg
灯篭の前は、ブルンネラとイチゲとコスミレ

c0006745_05325122.jpg
今年初めてみました!ヒトリシズカ~頂いたのかな?





c0006745_05321206.jpg
そして、ここだけ華やかな一画。



もう、5月の半ば~のんきにしていると1年なんてあっという間。

昨日は、半日庭仕事。

レモンバーム、アップルミント、パイナッㇷ゚ルミント…
あんなに好きだったハーブも今では邪魔者扱い。
地植えのハーブが樹木化するので、抜いて鉢植えにした。


春先は、イヤイヤだった庭の手入れだったけれど…庭のイメージを描きならが
花たちと向き合っていると、疲れて痛む腰も辛くない。

花って気持ちを幸せにしてくれますね~(^o^)/


[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-15 06:10 | 四季の風景

自転車で買い物~

ご近所さんの家の間を通りかかったら、一生懸命花壇に花を植えている姿が目に入った。

近くにあった花屋さんが店じまいして不自由していたので、思わずどこで買ったの?と
聞いてみたら、近くに〇〇ホームが出来たので自転車で行って買って来たという。

え~自転車で?という私の問いに、Sさんは歩いて行って来たそうよ!自転車で行って
おいで~と盛んに勧める。(〇〇ホームがあるのは、近いと言っても隣区です)

しばらく私は自転車には乗っていない、その方は私より少し年上だから~偉いなぁ~と思って
聞いていたら、ほとんど自転車押しながら歩いてるけどね、と笑う。

〇〇ホームの道順を聞いて~それなら行けるかな~?と、話しているうちその気になって
来たから私って単純だなぁ~と可笑しくなる。

自転車の交通ルールが厳しくなって、車道を走るのは怖いし、ルール違反をして罰金も嫌だ
し、福祉パスを貰える年齢になったのでバスを使う事にして、自転車は止める事にしていた。


c0006745_05145441.jpg

さて、翌日〇〇ホームに行く道順は聞いたけれど、違う道を通った方がいいんでないのかな?
という疑問も湧いたが、先ずは言うとおりと、オンボロ自転車に乗って家を出た。

2~3年、自転車に乗って出かける事が殆どなかったので、走り始めはやはり怖い。
教えてもらった道順は、細い道幅なうえ坂道で、対向自転車が多いので、すぐ降りては歩く。

そんなこんなで目印の葬儀屋さんを目にしたときは、久しぶりに乗ったせいか疲れでぐったり。
〇〇ホームらしきお店は見つからないので、今回は生協で買い物して帰ることにした。

買い物から帰ってきてから、お昼を食べて、夫に車で連れて行ってもらことにした。

やっぱり、教えてもらったお店までの道順は、複雑な遠い道順だった。
これなら次回から自転車で行ける、と自転車で走る快感が蘇えり、自転車で行けるお店も
増えるからいいなぁ~とすっかり自転車復活する気になって来た。



175.png174.png177.png

夕方、買って来た花を植えたり、庭仕事をしていたら、突然くしゃみの連発に鼻水が~
夕飯を作るころには喉も痛くなって~早目に寝ました。

翌日、喉の痛みは前よりひどく、熱を計ると37度3分。
平熱が高いと言っても、やはり身体がこわい~風邪をひいてしまったようだ。

昨日は、ほとんど長椅子でうつらうつら~午後からも布団をひいてうつらうつら寝ていました。
夫に夕食のおかずは自分で作ってと頼み、私は梅干しにお湯をかけたご飯だけでいい。

昨夜も、ほとんどうつらうつらの状態でしたが、今朝はすっかりよくなりました。(^o^)/

久しぶりに自転車に乗ったので、身体がびっくりしたのかな~?




[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-13 06:13 | つぶやき

チューリップの原種

ここ3日ばかり忙しくしていましたが、昨日一段落したせいで、庭に目をやるゆとりがでて来ました。
チューリップの原種の小さな花、咲きだしていたのに気がつきました。

c0006745_05150390.jpg


c0006745_05143334.jpg




我が家の庭もだんだん色とりどりになって来ましたよ。


177.png175.png174.png

嫌な夢を見ていた記憶で目を覚ました。
もう朝かな~?と思ったら、まだ夜中の1時過ぎ。<`ヘ´>

このまま寝た方がいいかな~と思ったけれど、
又同じような嫌な夢を見そうで嫌だから、起きてしまいました!

録画してあったサスペンス見ても、まだ3時。

ブログ巡りをしていたら←徘徊かな?(笑)

空は、うっすらと青空が見えだして~今日は、晴れるかな?
晴れたらいいな!




[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-10 05:35 | 今日の一枚

ジューンベリーの花

鉢植えのジューンベリーの木は小さいけれど、今花がたわわに咲いています。


c0006745_16301514.jpg
白い壁に白い花だから~インパクトに欠けるけれど~例年にない満開です。
天辺の枝が折れて背が小さくなってしまいましたが、花は枝にびっしり。

ジャムにしてパンに塗って食べるには少ないけれど、ジューンベリーの
ケーキ作れるかな~?と思いながら眺めています。





[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-09 16:33 | 今日の一枚

ある日の夕ご飯~初物

庭のアスパラが1本、2本とぽつりぽつり採れだしたが、大量でないので茹でて
添え物のように使っています。



c0006745_04372938.jpg

海老のお刺身の横です。(^^ゞ
この日は、茄子をサラダ油で焼いて、そばつゆをかけて生姜のすりおろしをたっぷり
のせて食べました。

c0006745_04423914.jpg
後は、サンマのぴり辛漬けを焼いただけ。
辛いからご飯が進みます。



昨日~畑からウドが来ました。(^o^)/



c0006745_04501111.jpg

畑の傍にある林に生えていたのを、畑の隅に植え直したものです。


c0006745_04503515.jpg

loveさんの所で拝見した葉っぱの胡麻和えを作ってみました。
今まで葉っぱは捨てていたのですが~ゴマを擂って醤油・酒・砂糖・味の素少々で
味を調えた中に、茹でて細かく切ったウドの葉っぱを和えます。

茹でて水に浸けておかないですぐ和えたので、少しえぐい感じが強かったけれど、
新鮮な驚き~とても美味しかったです。loveさん紹介有難う♪

あとは、茎の方は酢味噌にして、鯖の干物を焼いてこの日の献立は終わり。
あ~一番のメインはワサビの根も採ってきたので、アツアツご飯におろしワサビの
そばつゆ漬で食べました。(写真は撮り忘れ)


167.pngこの日は、疲れた~!
申請していたアイヌの着物複製の助成が許可されたので、いよいよ着物作りが
スタートしました。

昨日は、初日だったので緊張でカチンカチンの所にウドやワサビにタラの芽などを
夫が持帰ってきたので、一瞬パニックになりそうでした~

でも、ウドの穂先とタラの芽は、翌日に天ぷらにして、ウドの葉と茎を食べて、
後はお魚を焼くだけでいい~と考えると急に楽になりました。

写真は、ちょっと載せられないのですが~着物の布の裁断と袖を縫い始めました。
これから1年間で完成の予定です。

94歳の姑をほっといて~と少し心苦しいのですが、姑が元気な今しか取り組めない
という思いもあるので、頑張って取り組もうと思っています。

[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-08 05:22 | 食べること

買ってしまいました~

図書館で、桜木紫乃さんの「起終点駅・ターミナル」を借りて読んだら、また桜木さんの違う本が
読みたくなりました。

それで、前に読んだ「凍原」を読み返そうかな?と手に取って表紙を見ると帯封に「氷の轍・最新
刊」と紹介されているのに気がつきました。

丁度、その日は生協に買い物に行く日、別館の本屋さんに行ってみました。

私は、てっきり文庫になっていると思って、文庫の棚を探したのですが見当たりません。

夫が「店員さんに探してもらった方が早い」と言いますが、私は本を探すという事も好きなのです。
(ゆっくり本を探す~というの楽しいの!と心の中で文句を言いながら探しましたよ…笑)

でも、ぐるぐる回って探すのですが「小学館文庫」なるコーナーもないのです。
仕方なく店員さんに在庫があるか聞きました。



c0006745_06244820.jpg

在庫はあったのですが~まだ文庫になってなく新刊、かなり迷いましたが、世はゴールデン
ウイーク、我が家はどこに行くわけでないので、買ってしまいました!




182.pngあらすじ~を書いてしまうと、かなりネタバレになるので、ほんの少しだけ。

読んでいるうち、記憶の底に「これ知ってる」と思う個所が何度かあり、頭をひねりながら
読んでいたら、帯封に2016年にテレビで放映されていました。

きっと、テレビ放送見たのです。
殺人犯の想像絶する心情が蘇えって来ました。

釧路市の千代ノ浦海岸で男性の他殺死体が発見される。
釧路では寒くて半袖だけで過ごせない季節に、その男性は上着もなく半袖とズボンだけ
という姿で、かなりお洒落な印象だったが、身元を示すものは何もなかった。

その男性の身元捜しと、釧路の和商市場、青森の八戸市の歓楽街で織りなす人間模様…
そして北原白秋の「他ト我」の古本を巡って過去が動いて~

一人の男性の善意が、その人には恐怖となって殺意となってしまった…。

この事件を追うのが、「凍原」の桐原刑事と複雑な生い立ちを持つ女刑事・大門真由です。

大門真由は、両親の養女と戸籍上はなっているが、父親は血が繫がっているが母親が違い、
父が再婚したという事ではなくて、刑事の父が外で他の女性に産ませた子だったのです。

その彼女の複雑な心模様と葛藤が事件と交差し、刑事として、自分個人をもなぞる内容が、
私には少し重く、煩わしく感じてしまう作品でした。


千代ノ浦海岸は、子供の頃住んだ家から歩いて行って、よく遊びました。
舞台の中心の和商市場は、母とよく一緒に買い物に行ったものです。

登場人物の住まいも、ああ、あの辺かな~?と思える場所なので、釧路に住んでいたころが
蘇えり、桜木さんの本を読むと、その頃の記憶がゆっくりと動き出してきます。

でも、今の釧路に行けるけれど、親類も知り合いもなく、仲が良かった友達の行方も分かり
ません。もう、昔住んだ面影のない釧路には、行ってもつまらないだろうと思います。

それで、このごろ桜木紫乃さんの本を手元に置きたくなるようになりました。





起終点駅(ターミナル) (小学館文庫)

桜木 紫乃/小学館

undefined




[PR]

# by miqu_7cd | 2018-05-05 07:24 | 読書