お昼のパンを焼く~

買って来たパンは飽きてきた~という夫、しばらくパンを焼いてないから~頑張って焼きました。


c0006745_05052667.jpg

味は良かったけれど、発酵時間が足りなかったのか~あんまり膨らみませんでした。
皮がカリカリ固く、なかは柔らかい。でも、一日経つと全体に固くなってしまう。

「捏ねないパン作り」の急いでモードでしたから膨らまなかったのかな~?と考えるが、
やっぱり何度も何度も作って、自分なりの経験が必要なのかな~?とも思う。

c0006745_05101067.jpg
c0006745_05101979.jpg
その日、9時前に粉を計り、生地を作る。

c0006745_05102792.jpg
c0006745_05103801.jpg
発酵させているところ。(1.5~2倍の大きさになるまで、一時間30分ぐらいおきました)


c0006745_05104931.jpg
c0006745_05105827.jpg
c0006745_05111367.jpg
ガス抜きをしてから、2等分にしてさらに手で押しながらガス抜き、その後棒状にして、
型に入れます。乾いた布巾をかぶせ、さらに1時間30分位置きました。


c0006745_05112481.jpg
溶き卵を表面に塗って、200度に予熱を入れて、25分焼きました。(12時25分頃焼きあがる)


「お昼に何を食べたい~?」と聞くと「何でもいい」と答える夫に、「これが食べたい!というもの
無いの?」と突っ込んでしまう私。

最近、「あれも、これも飽きたしなぁ~」と、こちらから提案したものにいちいち答える憎らしさ。

それで、お昼にパンを焼こうと前の日にレーズンを買って来ました。


最近、草むしりや野菜の手入れで気持ちが忙しくて、パンを焼こうなんて思いもしませんでした。

でも、朝から家事の合間にパン生地を作り、発酵を待つ間、パンが焼ける匂いが部屋に広がる
まで~何とも言えないしあわせな気持ちが沸き起こって来ました。

慌ただしく過ごすのではなくて、やっぱり手間をかけた丁寧な時間を持つことが、一番しあわせに
感じる時間なのかな~?パンを作りながら新たに認識した事でした。

シンプルでおいしい こねないパン

藤野幸子/ナツメ社

undefined




[PR]

by miqu_7cd | 2017-06-16 05:39 | 小さな喜び