ユウガオの花

早川ユミさんの「ちいさなくらしのたねレシピ」を読んでいたら、ユウガオの実で
干ぴょうを作っているという記事が載っていました。

昔、まだ私が小学生くらいの頃、父もユウガオを育てていたことを想い出し、
たしか干ぴょうも作っていたような記憶がありました。

弟に父がユウガオを育てて干ぴょうを作っていたの覚えている?と聞いたら、覚えて
いました。私の記憶違いではないようです。

ユミさんが暮らしている四国だから干ぴょうが作れるのかもしれないと考えていたので、
干ぴょうが作れるかもしれないと思うと、わくわくしてきました。


春にネットの種屋さんで注文したら、届いた種の袋には「冬瓜」と書いてありました。
その時、単純に「ユウガオ」と「冬瓜」は同じものだと思ってしまいました。


最近、白い花が咲くようになりました。



c0006745_06570470.jpg
人工受粉しなくても実がなるのかな~?とネットで調べたら「冬瓜」の花は黄色い事がわかりまし
た。「ユウガオ」の花は?と調べたら、夜から昼間にかけて白い花が咲くと書いてありました

やっぱり、これは「ユウガオ」で間違いなかったのか~冬瓜と思い込んでいたので、少しがっかり
していたのです~シメシメ、これで干ぴょうが作れると喜んだのですが・・・・



c0006745_07102932.jpg


どうも雄花(↑の写真)ばかりで、雌花が咲きません。

夫に「カボチャは、人工受粉している?」と聞いたら、「することもある」という返事。
カボチャも雄花が多いそうです。

う~ん、干ぴょうは夢のまた夢かぁ~と膨らんだ風船がしぼんでしまったような気分です。

実がならないと~干ぴょうも出来ませんよね。
雌花咲かないかな~?


ちいさなくらしの たねレシピ

早川 ユミ/PHP研究所

undefined






[PR]

by miqu_7cd | 2018-08-10 08:53 | 野菜作り