意欲に燃える日~食欲ですが…

間引き人参、せっせと食べているが溜まる一方で~何とかしなきゃ~と冷蔵庫を開ける度に
気になっていました。

昨日、前日に全粒粉を買って来たので、ちょうどパンを焼いてみたいと思っていたので、
お昼は焼き立ての全粒ブレットと人参スープを作ろうと思いつき、即決行しました~!


c0006745_05271000.jpg

人参スープにして冷凍しておけばいいと、前から頭の隅にあったけれど、なかなか実行
出来ないでいましたが、パンの発酵の合間に作りました。

材料は、人参・玉葱・(本来はお米少々ですが~省く)・牛乳・コンソメスープ・バター。
人参・玉葱はバターで炒め、煮えたら粗熱をとって、牛乳と一緒にミキサーにかけて、
鍋にうつしてコンソメを入れて味を調えるだけ。甘くて美味しいです。


さて、全粒ブレットは~



c0006745_05334994.jpg

全粒ブレットは、あまりお日様が入らない日だったから発酵がうまくいかなかったのか~
全然膨らみませんでした。((+_+))

パンの材料、お尋ねがあったので書いておきます~♪
強力粉100g・全粒粉100g・砂糖4g・塩4g・ドライイースト3g(冷蔵庫で一晩保存は2g)
水150g(計量器で計る)です!210度に予熱して、20分焼きます。






c0006745_05331830.jpg
材料を揃えて、手でかき回して~ゴムべらで掻き混ぜるだけの、超簡単な捏ねないパンの作り方です。



c0006745_05333252.jpg
容器に移し換えて、冷蔵庫で一晩寝かせるのが本来のやり方ですが、急ぎの時はドライイーストの
分量を1g多くすればいいので、当日気が向いたら出来るのが便利なパンの作り方です。




c0006745_05340302.jpg
パウンドケーキのような大きさにしかなりませんでしたし、全粒パンを食べたことがないので
美味しいのかどうか?頭を傾げながら食べました。

美味しいと評判の全粒粉入りのパンを食べてみないとなぁ~、と私の宿題です。(笑)


実は、全粒粉を買って来た日、友人と大丸で待ち合わせしていたので、早目に家を出て
ブロ友さんの所で知った「乃が美」さんの生パンを食べてみたいと行ってみたのです。

パンを焼くからには、美味しいと評判のパンも食べてみるべき、と勇んで行ったのですが、
ぐるぐる歩いて探し当てたお店は、「休日」の張り紙。ショック!(笑)

待ち合わせまでまだ時間があったので~ステラプレス内のお菓子・パンの材料専門店の
冨澤商店(TOMIZ)に行ってみることにしました。

それで、前から欲しいと思っていた全粒粉(道内産)を買い、翌日パンを焼きたくてムズムズ
した結果、人参スープも作ろうと意欲に燃えました!(笑)



c0006745_06125876.jpg
合間にこんなこともしていました!
冨澤商店で買った「かたくちイワシ」煮干しの臓物を全部取り除いて、瓶に入れて保存。
毎日昆布と煮干し1~2匹小さくちぎって水と一緒に容器に入れて冷蔵庫で保存。

朝、味噌汁を作る時、モタモタしないように用意しています。
味噌汁の中の煮干しは、一緒にむしゃむしゃ食べてしまいます。←これ好きなんです。(笑)

昨日は、午前中台所で立ちっぱなしの日でしたが、気持ちのいい疲れでした。

[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-28 06:24 | 雑感

今日のお月様

この頃、6日の地震があった3時頃になると、目が覚め眠れなくなることが多い。

今日も3時頃目が覚め、もう眠れそうにもないので起きて居間に行くと、
ブラインドのすき間からまん丸の月が覗いていた。


c0006745_05084333.jpg

大きい方のカメラを持ち出し、ベランダに出て写してみた。(3時過ぎ)
夜景モードで撮る。



c0006745_05100728.jpg

4時過ぎ外を見ると、まだ月が出ていたので、今度はSモードで撮ってみた。

中秋の名月と騒がれていた時は、全然気がつかないで~遅まきながら夜空を眺めて
月も星もきれいだな~と久しぶりに夜景を愉しみました。




9月の庭には、咲く花も少なくなってきましたが~昨日アップしたくて撮りました。
こちらは、小さいコンパクトカメラのマクロモードで。


c0006745_05180256.jpg


c0006745_05181878.jpg
ピンクのシュウメイギクに遅れて、今が花盛り。



c0006745_05185524.jpg

アナベル~秋が深まると白~ピンクと色変わりします。

c0006745_05184300.jpg
こちらはまだ白い部分が残っています。



c0006745_05183402.jpg
アナベル~この花は園芸品種として作りだされたものではなく、イリノイ州のアンナ市の近くで発見
された野生のアジサイで、オランダで選別・改良し、品種化したのがアナベルだそうです。

かなり大きな樹になるみたいですが、我が家はまだ小さいです。






c0006745_05190827.jpg




ホトトギス~夏枯れそうになっていたので諦めていたのですが、何気なく見たら
可愛い白い花が咲いていました。

この花は増えないで植えた時のまま、ひっそりと咲いています。

紫色のホトトギスもあるのですが、こちらは繁殖力が旺盛であちこちに根を増やして
いるが、まだ蕾で花は咲いていません。

我が家の庭も秋色モードです。






[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-26 05:39 | 四季の風景

肉まんを作る

娘たちが来るかもしれないと思って、土曜日の夜に肉まんの皮種を仕込んでいたので、
昨日肉まんを久しぶりに作ってみました。



c0006745_05585416.jpg

材料は、強力粉100g・薄力粉25g・砂糖12g・塩ひとつまみ・ベーキングパウダー小さじ1/2
ドライイースト1gをボールに入れて手で混ぜて、水85gを加えてゴムべらで混ぜる。
完全に粉気がなくなるまでボールの壁に生地をこすり付けるように混ぜ込む。

これを保存容器(ジブロック等)に移して、冷蔵庫に一晩置きます。←一次発酵
「シンプルでおいしい こねないパン」藤野幸子さん著のレシピを使っています。

こうして生地だけ用意しておけばいいので、肉まんも面倒でなく作れます。

肉まんのあんは、豚のひき肉以外は我が家の冷蔵庫にあるもので作ったので、
レシピ通りではありませんが、翌日用意すればいいので気軽です。

レシピでは、材料の分量で4個作るようになっていますが、私は8個作っていますので、
やや小ぶりの肉まんです。

この日作ったあんは、豚ひき肉200g弱・干しいたけ2枚・キャベツの葉2枚・玉葱中1/4、干しエビ。
オイスターソースと間違えてとんかつソース・醤油・砂糖少々・お酒で味付けしました。



あんを皮で包んでいたら~ピンポーンと鳴りました!
娘と孫の到着です。

来なかったら、茹でて冷凍保存しようと考えていたので、来てくれて良かった!でした。
姑に2個差し入れ・娘は3個食べ・孫は食べないので、残りはお土産に持たせました。

私の口に入らなかったけれど、娘も義母も美味しいと言ってくれたので嬉しい。

久しぶりに肉まんを作るのにレシピ本を見ていたら、又パンが作りたくなってきました。



[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-24 06:28 | 食べること

待ち人来ず…

土曜日、長女が孫を連れて来るものと思い込んでいたけど…音沙汰なし。
「もう~しばらくは休ませて~」と言ってた頃が懐かしい。

幼稚園に行くようになった頃から、だんだん我が家にくるのが少なくなって、
年中さんになった今年は、又ぐんと少なくなってきた。

娘にもだんだん親の元に帰るより、違う世界が広がっているんだろうと察しも
するし、早くそうなって欲しいと願っていたはずが~妙に寂しい。

いつもは、うるさいくらいくるメールも全然来なかった。


c0006745_05283148.jpg

孫は、5歳。
2~3歳の頃から英語に興味を持って「A・B・C~、A・B・C~、」と言ってCDをかけろと
回らぬ舌で我が家にくると催促していたので、娘は幼稚園は入ると英語を習わせ始めた。

でも、なかなか馴染まず、教室の外から覗いていただけだったそうだ。

今ではすっかり慣れて、楽しそうに参加している姿を動画で見せて貰った。

子供の成長は早い、男の子だから一緒に遊ぶのにも体力がいて、翌日ぐったりしてしまう。
前のように玩具で遊ぶと言うのではなくて、宇宙人ごっこしようとか身体を使う事が多い。

今、夢中なのは色を混ぜて違う色になるのを見てはしゃいでいる。

敬老の日(15日)、幼稚園の先生の指導で描いた絵手紙が届いた。
この日は結婚記念日だったけれどすっかり忘れていて、敬老を祝う「絵手紙」に喜んだ。


とうとう孫から敬老を祝ってもらう立場になったことが、こそばゆい。
でも、これもあと1回で終わりかな?


[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-23 06:09 | つぶやき

自分にご褒美を~

昨日、縫い物に専念しようと朝から決めていたけれど…青い空を眺めていたら出かけたく
なってきたので、前から気になっていた「顔筋もみほぐし」に行って来ました。

前に傍を通りかかって、「目の疲れ、頭皮の疲れ、お顔のむくみ、初回体験1,600円」と
書かれた看板を見て受けてみようかな?と好奇心が動いたのです。

でも、その時は受付に誰もいなかったので諦めました。


c0006745_05382831.jpg


夫は畑、姑もお昼過ぎても買い物から帰って来ていない様子。
私一人が家に篭っているなんてもったいない!と思って出かけちゃいました!


丁度行くと、受付の人もいて、「初回体験の顔筋もみほぐしをお願いしたいんですが~もう終わって
た?」と聞くと、大丈夫ですの返事。

「眼底疲労があるんですか?」と聞かれたので、好奇心と答えるのはちょっと恥ずかしかったので、
「そこまでないのですが~肩こりから眼が疲れることが~パソコンしたり、縫い物したりするから」

と答えると、「肩のもみほぐしも10分1,000円でありますよ!」というので、それも一緒にして下さい!
と、つい答えてしまい「えっ~?いいんですか?」と相手の方がびっくりしてしまいました。(笑)

先ず、「肩もみ」してから「顔筋もみほぐし」しますとの事でお願いしました。

やっぱり肩もみしてもらうのって気持ちいいですね~。
「顔筋もみほぐし」はすごく痛かったけれど、終わってみたらこれも気持ちいい。

ついでに手のもみほぐしもしてもらい、頭の中で料金を計算しながら~孫にお金を使うのは
そろそろ卒業して、自分のために使おう~と何度も自分に言い聞かせていました。(笑)

手のもみほぐしをしてもらうとき、指ぬきをしたまま来たことに気がついて、道理で縫い物をする
と言った時「好きな事って辛くてもしちゃいますからね~」と答えたのかと納得しました。

料金〆て「3,348円」でした!


来たときはバス、帰りは何だか歩きたくなって、ゆっくり歩いて帰りました。
それも気持ちいいなぁ~と思ったのは、しばらくだけ。

家の前につくころは、足がふら付いてしまい、車がスーツと目の前に止まった時はびっくり仰天。
意外と疲れていたようです。

習い事の月謝もあるから、そう度々は来られないけれど~時々は自分にご褒美もあげないとね~
とつくづく思ったものでした。




[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-20 06:42 | 小さな喜び

菜飯

畑から大根の間引きが届いたので、葉っぱで菜飯を作ろうと思いつきました。
私は夕食でご飯を食べないので、翌朝の楽しみです!



c0006745_04014442.jpg

大根の葉っぱは、細かく切って塩で揉んで水分を出して、固く絞って、食べる少し
前に炊飯器に入れるだけ。



c0006745_04013462.jpg

胡麻をふりかけ、美味しく頂きました!旬の醍醐味です!
もちろん味噌汁も大根の葉っぱと油揚げ。

大根の葉っぱのフルコースでした。(笑)

こんなシンプルな食事が美味しいと感じる事が多くなってきました。

実はこの間引き大根、うちの畑で作ったのではありません。
畑のご近所さんから頂いたのです。

秋に大根の種を蒔いたのに、うちの畑には芽が出なかったのです。
それを知ったご近所さん、「うちの畑に大根いっぱいあるから、ここの場所の大根は
〇〇さん世話して食べてよ!」と言ってくれたと喜んで世話している大根なんです。

菜飯、久しぶりに食べたけれど、いつもの大根の葉っぱの味に微妙な違いがありました。

土が変わると大根の葉っぱの味も変わるのかな~?とふと疑問に思ったものです。
それとも今年の天気のせいかな~?



[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-17 04:18 | 野菜作り

日常が戻って来たけど…

地震から今日で1週間目、高いところに置いてあったものは、余震がまだあるからと
床に卸してあったが、そろそろ片付けてもいいかな~と思えるようになって来た。

一昨日、あまり行かない地下鉄駅付近のスーパーに行ってみたら、ほとんどの品が
あって、お豆腐が一人2個までと書いてあったので1個だけ買った。

生サンマもあったし、お刺身も売っていた。
ただ、パンの棚がガラガラだった。

昨日は、早目に年金をおろそうと思い、バスで出かけた。

銀行は営業していたが、中は客も少なく、キャッシュコナーも空いていて急いでお金を
引き出す人もいないようだ。(私ぐらいかな?)

もう人は普通に歩いていて、リュックを背負って急いで歩く人々はそれほど見なかった。

ああ、私の暮らす地域は、普通の暮らしが戻って来たんだな~としみじみ思った。

生協で買い物して、パン屋さんでパンを買ったりしてからバス停に急いだら、目の前を
乗ろうと思ったバスが通り過ぎて行った!

仕方ないから歩いて帰ることにして道を歩いて行くと、舗装した道が盛り上がったり、
車道の中央部が盛り上がり、細い亀裂が走っている所もあることに気がついた。

地震があったと思うから、気がついただけで、元からそうなのかもしれないが、
やはりいろんなことに敏感になってしまっている。



c0006745_05595424.jpg

日常が戻ってきた~とは思うが、節電だけは心掛けようと、冷蔵庫以外の使わないコードは抜いて
おくことにした。(午前8時30分~午後8時30分の間、20%の節電を呼びかけています)


今朝、久しぶりに庭に出てみたら~



c0006745_06012881.jpg



こぼれ種で芽をだし、あちこち我が物顔でのさばっている大葉・赤紫蘇もいつの間にか穂が出て
葉もかたそうだ。

佃煮でも作ろうと考えていたけれど、これでは遅いかな~?


c0006745_06013705.jpg
野沢菜・春菊・小松菜も気がついたら大きくなっていた。



c0006745_06020177.jpg


種から植えたバジルの成長は遅い、やっとこれも大きくなっていた。

地震があって人間たちは驚きうろたえているけれど、私たちは逞しいよ、と言われている
ような静かな花や野菜のたたずまいでした。


大きな被害にあわれた方々にお見舞い申し上げると共に、亡くなった方々には心から
ご冥福をお祈り申し上げます。

どうぞ一日も早く普通の日常が戻ってきますように!


[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-12 06:24 | 雑感

地震その後2


余震が続く中、叔父(去年亡くなった義父の妹の連れ合い)の葬儀が一日遅れであって、果たして
出来るかどうか心配したが、昨日無事に終わることが出来た。

お通夜が終わって、タクシーで自宅付近までくると道が光で溢れているのに気が付いて安堵した
ものの~こんなに電気を使っていいものか~という疑問も感じた。

その日は、まだ日中は一部の信号しかついていなかった。

地震のあった日、朝6時に電池を買いにコンビニに走ったことは前に書いたが、何かしていないと
落ちつかないので、ジャガイモ団子でも作ろうかと思ったが、片栗粉が切れていたのに気がついた。

それで、お昼頃又コンビニに行ってみることにした。

外に出ると、いつもは見なこともないほどの人数のリュックを背負った人達がぞろぞろ歩いていて、
「このコンビニが開いている!」と言いながら走ってお店に入って行くのを目にして驚いた。

店内に入ると長い列の人がレジの順番を待っていた。

棚は殆ど空で、片栗粉は1個だけ残っていたので助かった!

ジャガイモは沢山ある、バターをつけて食べてもいいしと沢山茹でたが、茹ですぎてべちゃべちゃ
になってしまったので、全部「ジャガイモ団子」にして2個づつ袋に入れて冷凍しておいた。

停電が続いても、パンがなければこれで大丈夫、とまだ気持ちに余裕が残っていた。



c0006745_04591612.jpg





その日は電気が使えないので土鍋で早目にご飯を炊いた。

丁度前の日、台風の後片付けで疲れたのでスーパーの鰻を1匹買ったのが半分残っていたので、
小さく切って食べるころ蒸し器でご飯と一緒に蒸かして、キュウリの塩もみを加えてひつまぶし風に
して食べることにした。

糠ニシンも1本買ってあったので、野菜は自家製が沢山あるからそれを使って三平汁にして
おけば2~3日大丈夫と慌てず用意できた。



しかし、野菜はあるけれど魚・肉は他に保存していなかったので、あした買えるかどうか
心配しながらも停電も半日くらいで片がつくと考えていた。

テレビが見れないので情報源はラジオだけ。

だんだん停電の回復が遅れるらしいとラジオで聞いたときは、もう夕方になっていた。
明日食べる物どうしたらいいかな~?と心配しながら、私は早目に布団に入った。

電気のブレカーを切っていたので停電解除に気がつかず、ご近所さんから「電気がついた
よ~」と声がかかり、夜の8時過ぎには電気がついたことを後で知らされた。

翌日の午前中、いつも行くスーパーに行くと、店内は入れず、店頭でわずかな商品が
売られていただけだった。

玉子が切れていたので1ケース買い、バス停に行くと運休の張り紙がしてあったので、
随分迷ったが生協迄歩いて行ってみようと覚悟を決めた。

ゆっくり歩いて生協に着いたら、外まで長い列が続いて、私を見ると男の人が近づいてきて、
「もうこれ以上は終わりです!皆さん朝早くから並んでいたのです」と言われた。

ああ、見通しが甘かった!

帰り道、お弁当屋さんが開いているので覗いてみたら、予約したら3種類のお弁当は買える事が
わかったので、鮭弁当を予約しておいた。

ま、卵が買えたから夜は「卵どんぶり」でも作ろうと、お昼ご飯も確保したからと時々雨が降る
中をゆっくり歩いて帰途についた。

戦争中も戦後もしばらくは、こんな風だったのかなぁ~と思い乍、車を出すという夫に歩く方が
小回りが利くから~と姑のこともあるので一人で来たが、歩く方が情報が得やすいと思った。

お弁当をとりに行った帰り道、下げていた袋を見て「お弁当屋さん開いているんですか?」と30代
くらいの女性が必死な顔をして聞いてきた。

11時頃予約して買って来たのですが、2時半くらいまで食材が無くなったらお店は閉めると言って
ましたよ、というと急いで走って行った。

とここまでが、地震が起こった翌日までの話です。

昨日の夕方、平常通りに営業しているスーパーもあって魚もお刺身もあった、と娘から聞かされ
た時は、本当にホッとしたものです。
同じ系列のスーパーが普段あまり行かないけれど、近くにあったのです。

私達の日常が少しずつ普通に戻って来ました。

でも、大きな災害を受けて、家が壊れ避難所暮らしの方々がいると思うと手放しでは喜べ
ませんが、普通の暮らしがどんなに有難いか身に沁みました。






[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-10 05:49 | 雑感

地震、その後~無事でした~

6日の朝方3時8分、寝ていると大きな揺れを感じて目を覚まし、飛び起きました。
寝室の入口ドアに手を添えながら大きな揺れに耐えていました。

揺れが収まったので居間に入り、大きな食器棚が倒れていないか?備え付けの本箱から
本が落ちていないか確認していると、階下から姑の声が聞こえて来ました。

下に降りて姑の様子を見に行くと、普段人前ではヨタヨタしながら歩く人が妙に張り切った
感じであちこち歩き回っていました。

「まだ余震が起こるから、あちこち動き回らないで!」というと「停電だよ、新聞受けから
外を覗いたら、女の人が懐中電灯を照らしながら歩いていた」との返事。

もう、呆れた!という感情が先に立ったが、「とにかく歩き回らないで、ものが飛んでこない
場所にいて!」と言うと「服を着た方がいいかな」?と言うのでその方がいいね、と返事
して私も着替えに2階に上がりました。

夫はラジオとか懐中電灯とか災害時のグッツを使えるようにしていて、二人で余震の度に
大きな食器棚に手を添えて倒れないようにしながら合間に服を着替えました。

家の中を見て回っても大きな被害はなく、小さな置き物が落ちて割れた程度でした。

少し落ち着いた頃、下の姑の部屋に行くと又寝たようで少し安心しました。

朝の6時になって、電池があまりないのに気がついて、直ぐコンビニに走りました。

コンビニの戸は半開きで中は暗いけれど、既に人が買い物して出てくるのを見かけて
迷うことなく中に入ると、結構な人数の人たちが中にいました。

お店の中はお酒の瓶が割れて、中身がこぼれて床が濡れていて、「ガラスの割れた
破片に気をつけて下さい!」と店員さんが箒を手にしながら叫んでいました。

すぐ電池置き場に行くと、もうあまり数はなくて、それでも単3・3個と単1・2個
を掴み、とっさにインスタントラーメンとインスタントコーヒーを掴みました。

レジに並ぼうとしたら、すでに10人以上並んでいます。

順番が来るまでかなり待ちました。

籠にいっぱいおにぎりやカップラーメンを入れた人が何人もいましたが、その時は
まだあまり深刻に考えていませんでした。

レジが終わって外に出ると、リュックを背負った人が何人も外を歩いていてコンビニ
に向かって歩いて来るのが目に入りました。


c0006745_03375483.jpg




家に戻ってから、水とガスは使えることに気がつきました。

太陽熱で充電できるラジオを使っていましたが、充電が切れると使えなくなるのに
気がついて、電池で使えるラジオに切り替え、つけっぱなしにしました。

停電になると、テレビはもちろん、当たり前に使っていた色んなものが駄目になる
事に初めて気がつきました。

停電もそれほど深刻に考えていないで、直ぐ回復するだろうと考えていました。

電話も使えないので、初めは携帯で娘たちや親戚に連絡を入れていましたが、
電気が使えないと充電できないことに気がつきました。

今回の地震で停電を体験し、今の私たちの暮らしは電気に頼ってしまっている
という事に改めて対面してうろたえてしまいました。

子供の頃、停電は何度も体験しているからそれほど深刻に考えませんでした。
でも、その頃は冷蔵庫も電気釜もテレビも洗濯機もパソコンもなかった。

そのうち断水になるかもしれないという連絡がご近所さんから来て水を溜め、
する事がないので針をもち、時々姑の様子を見に下に降りたりと過ごしました。

いつ停電が解除になるか~だんだん不安が広がりましたが~寝不足だったので
早目に布団に入りました。

トイレに起きた時、停電が解除され赤々と電気がつくことにホッとしました。

とりあえず無事であることをお知らせします。
心配して下さって有難うございます。







[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-07 03:39 | 雑感

年金生活

昨日、大型スーパーに行くと生筋子がたくさん並んでいたのを見て、単価も確認しないで
1000円ちょっとの品を思わずかごに入れてしまった。

「イクラ食べれるよ~」と家に帰って夫に言ったら、「ここ2~3年食ったことがないな~」
という返事。

えっ?そんなに食べて無かった?毎年一回は作っていたでしょう?という私の問いに、
「去年は、高くて年金生活では食べられない!」と私が言って買ってないという。

「覚えてないけど~この頃、あまりイクラを食べたいと思わなくなったせいかも~」と言い訳
したけれど…去年はかなり高かったからな~と夫が想い出すように言った。

そっと買って来た生筋子の値段を見たら、100g600円ちょっとしていた!
わぁ~高いの買ってしまった!((+_+))





c0006745_06560922.jpg




でも、だんだん量を食べられないから、旬の美味しいものは少しの量でいいから高くても~
と思い乍筋子をほぐし、醤油・みりん・お酒で味付けしたけど…
やっぱり買い時を間違えたかな~?とちょっと反省はしました。(笑)

前は、生筋子が100g298円位まで下がってから買って、熱いごはんにかけて食べるのが
何より至福の時だったけれど、だんだん私は食べたいという気持ちが薄くなっていた。

だから、積極的に買おうとしなくなっていたのだと思う。

年金生活でもたまには潤いがないと味気ないよね~と言いながら、あしたの朝はイクラが
食べられると思うと、やっぱり私も心踊るものがありました。






[PR]

# by miqu_7cd | 2018-09-03 07:05 | 食べること